牛丼チェーン「吉野家」は4月23日、全国の店舗で「テイクアウト限定ファミリーセット」(3人前1350円、4人前1800円、以下税別)を発売する。

テイクアウト限定で利用できる“お得なセットメニュー”。家族の人数に合わせ、3人前(牛丼並盛3食、生野菜サラダ2食・お新香1食、みそ汁3食)と4人前(牛丼並盛4食、生野菜サラダ2食・お新香2食、みそ汁4食)を選べる。3人前は通常価格1473円から123円引き、4人前は通常価格1964円から164円引き。追加料金で牛丼のサイズ変更が可能。スマホオーダーからは注文できない。また、一部店舗では価格が異なる。

吉野家では現在、テイクアウトの販売数の割合が6割を超えており、顧客ニーズに応えてテイクアウトメニューを拡充するため、今回の「テイクアウト限定ファミリーセット」発売を決めたという。

〈「牛皿ファミリーパック」も販売継続〉
販売中の「牛皿ファミリーパック」も販売を継続する。牛皿並盛が3皿入った3人前は、通常価格906円から158円引きの748円。牛皿並盛4皿の4人前は通常価格1208円から260円引きの948円。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大とそれに伴う政府の緊急事態宣言発令、各自治体からの休業要請などを受け、吉野家は一部店舗を休業するとともに、地域により下記の対応を実施している。

〈1〉店内での食事の提供を5時から20時までに限定。アルコールの販売は19時まで(店舗によって時間が異なる場合がある)。
〈2〉20時から5時の間は、テイクアウト・デリバリー限定で販売。
〈3〉利用客と従業員の安全のため、3密(密閉、密集、密接)を避けた営業形態をとる(可能な限り席間を空けて案内、店のドアを開けて換気をする、店内が混雑の場合は店外での待機を依頼するなどの施策を心掛ける)。

吉野家は、「テイクアウト限定ファミリーセット」の発表に合わせ、公式サイトで「飲食店としての私たちの役割」と題し、以下の通り述べている。

〈吉野家「飲食店としての私たちの役割」〉
人々の生活に寄り添い、“牛丼”という日常食を提供する社会インフラとして可能な限り食事を提供することが、吉野家が果たすべき役割だと考えております。今この瞬間も、社会生活を維持するために働き続ける方々がたくさんいらっしゃいます。医療関係者の方々、警察、消防の方々、介護施設、保育施設で働く方々、食品スーパー、物流関係者、宅配のドライバーさんなど。こうした方々に温かい食事を提供する役割がわたし達にはあると考え、それにお応えするよう努めてまいります。