モスバーガーは4月27日から順次、「2020年度淡路島産たまねぎ祭り」を開催し、「淡路島のこだわり農家さんがつくった“たまねぎバーガー”和風しょうゆ仕立て」(税別371円)を関西・中国・四国地域の272店舗で販売する(臨時休業などの場合あり)。関西地域では4月27日から5月中旬まで、中国・四国地域では5月11日から5月下旬までの期間限定。

「2020年度淡路島産たまねぎ祭り」は、モスバーガーが独自に提携した、できるだけ農薬や化学肥料に頼らない協力農家の畑で栽培する、淡路島産の新タマネギを使用した地域・期間限定ハンバーガーを販売する企画。2016年に中国・四国地域で初開催し、以降、タマネギが旬を迎えるこの季節に毎年開催している。2017年には中国・四国地域に加えて兵庫県でも初開催し、2019年には関西全域まで対象エリアを広げた。

5年目を迎える2020年は、2018年までの「淡路島産たまねぎ祭り」で販売して好評を得た「淡路島のこだわり農家さんがつくったたまねぎバーガー和風しょうゆ仕立て」を地域・数量限定で販売する。

「淡路島のこだわり農家さんがつくったたまねぎバーガー和風しょうゆ仕立て」は、淡路島産のタマネギの中でも、特に甘みが強く、みずみずしくてやわらかい、生食にも適した「新タマネギ」を生でたっぷりと使用したハンバーガー。
「淡路島のこだわり農家さんがつくったたまねぎバーガー和風しょうゆ仕立て」

「淡路島のこだわり農家さんがつくった“たまねぎバーガー”和風しょうゆ仕立て」

グリーンリーフとジューシーなパティ(肉)の上に、オリジナルのたまねぎバーガー用ソース、輪切りにスライスした淡路島産新タマネギをのせ、その上からまた、たまねぎバーガー用ソースをかけ最後に、かれ節を原料として使用したかつお節をトッピングした。オリジナルのたまねぎバーガー用ソースは、醤油をベースに濃縮クランベリー果汁を加え、爽やかな和風ソースに仕上げている。
 
スライスチーズを加えマイルドな味わいになった「淡路島のこだわり農家さんがつくった“たまねぎバーガー”和風しょうゆ仕立てチーズ入り」(税別399円)も販売する。
 
なお、モスバーガーは新型コロナウイルスによる自治体からの要請により、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、群馬県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、香川県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県の店舗で店内飲食を20時までとして営業している。店舗の状況により、臨時休業、営業時間変更、持ち帰りのみなどの対応をする場合もある。
 
モスバーガーを運営するモスフードサービスは、「お客さまにはご不便とご迷惑をおかけし、申し訳ございません。外食企業として、経営ビジョンである「食を通じて人を幸せにすること」が使命と考えておりますので、状況にあわせてできる限りのことを行ってまいりたいと思います。ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます」としている。