松屋フーズが運営する牛丼チェーン「松屋」は、4月28日午後3時から、テイクアウト限定で「牛めし(並)300円」「オリジナルカレー大復活」キャンペーンを、一部を除く全国の店舗で開催する。

「牛めし(並)300円」キャンペーンは、テイクアウト限定で、各サイズの「プレミアム牛めし」を80円引き(以下、税込価格)で提供するもの。「プレミアム牛めし(並)」は通常価格380円が300円となる。プレミアム牛めし未販売店舗の「牛めし」は各サイズ20円引きで、「牛めし(並)」は通常320円のところ300円での提供となる。このキャンペーンは予告なく終了する。

「オリジナルカレー大復活」キャンペーンは、テイクアウト限定で「オリジナルカレー」(並=390円、大=490円)を復刻発売するもの。「オリジナルカレー」は、2019年12月にカレーメニューのリニューアルに伴い終売した商品。販売終了は松屋の公式Twitterアカウントで最初にアナウンスされ、多くのファンから別れを惜しむ声が続々とあがっていた。販売期間は5月12日午前10時まで。

また、現在開催中のテイクアウト限定キャンペーン「おかず単品15~25%オフ」「定食ライス大盛無料」も継続し、さらに、松屋の弁当WEB予約サイト「松弁ネット」では、新規登録で300ポイントのプレゼントや、注文ごとに10%のポイント還元を還元するキャンペーンを期間限定で実施している。

〈関連記事〉松屋、テイクアウト限定“おかず単品弁当15%~25%オフ”キャンペーン、「ご飯があれば松屋のおかず」
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/04/2020-0415-1057-14.html


なお、松屋では、新型コロナウイルス感染症の拡大と、それに伴う政府の緊急事態宣言発令を受け、一部店舗の深夜時間帯閉店を実施している。営業中の店舗では、利用客と従業員の安全を守るため、以下の取り組みを行っている。
・各店舗へのアルコールの設置
・従業員の健康チェックと手洗いの徹底
・店内消毒の徹底
・マスクの着用