サイゼリヤは5月19日から、新型コロナウイルス緊急事態宣言解除に伴い、店舗の営業時間を原則として「21時閉店 ラストオーダー20時30分」とすることを発表した。

ただし、東京都・神奈川県の店舗は、原則として「20時閉店 ラストオーダー19時30分」を継続する。各店舗の休業や営業時間の変更については、公式サイトで公開している(一部店舗は臨時休業の場合あり)。

また、新型コロナウイルス感染防止対策徹底のため、店内の設備面の改善および仕組化の準備を行うことに伴い、5月18日は全店舗一斉の臨時休業する(一部除く)。

〈酒類販売量の制限も解除、一部地域は19時まで〉
酒類販売量の制限も5月19日以降は解除する。北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・広島県の店舗は、酒類の販売を19時までとして販売を行う。

また、サイゼリヤは新型コロナウイルス感染症対策として、検温などによる従業員の勤務時健康チェック、正しい手洗いとアルコール消毒、マスク着用の義務付けを実施する。

その他にも、利用客の入店時アルコール消毒、間隔を空ける客席レイアウト配慮、キャッシュトレーによる現金の受け渡しを実施。また、店内の衛生管理に関しても、ドリンクバーなど店舗設備や調味料など使用備品類のアルコール消毒の実施、店内の定期的な換気、ダスターを用途ごとに使い分け毎日交換、レジ前にビニールシートを設置、などを行う。

サイゼリヤは、「これからも、感染拡大の防止に全力を尽くし、テイクアウト販売の強化など、地域の皆さまに喜んで頂ける営業を継続してまいります」などとしている。

なお、サイゼリヤでは現在、「おうちでサイゼリヤ!」第3弾を実施している。定番の「ミラノ風ドリア」や、SNSで話題となったラム肉の串焼き「アロスティチーニ」など、全34品をテイクアウトで楽しめる。

〈関連記事〉「おうちでサイゼリヤ!」第3弾開始、話題のラム串焼き「アロスティチーニ」などテイクアウトに追加
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/05/2020-0518-0953-14.html