モスバーガーは5月21日から、「モスライスバーガー海老天めんたい味」「モスライスバーガーよくばり天めんたい味〈海老とかきあげ〉」を全国の店舗(一部除く)で発売する。7月中旬までの期間限定。

“ライスバーガー”は、国産米の消費拡大を目指し、1987年にモスバーガーが初めて開発した商品。バンズ(パン)の代わりにご飯を焼き固めたライスプレートで具材をはさんでいる。

今回は、“MOS JAPAN PRIDE”シリーズとして、日本人になじみの深い“海老の天ぷら”と“めんたい味”のユニークな組み合わせの商品「モスライスバーガー海老天めんたい味」と「モスライスバーガーよくばり天めんたい味〈海老とかきあげ〉」を発売する。なお、今回の発売に伴い、「モスライスバーガー海老の天ぷら」は販売終了となる。

「モスライスバーガー海老天めんたい味」(454円、以下税別)は、グリーンリーフの上に、めんたい味ソースにつけた海老の天ぷら2本と有明産焼き海苔をのせてはさんだライスバーガー。

めんたい味ソースは、スケトウダラのバラ子に、昆布エキス、日本酒、みりん、醤油、唐辛子などを加え、上品な味わいに仕上げている。ソースは、めんたいの粒感にこだわり、辛みを抑えたマイルドな味わい。外はサクサクで、中はプリッとした食感の海老の天ぷらと濃厚な味わいのめんたい味ソースを、風味豊かな有明産焼き海苔が引き立たせるという。

「モスライスバーガーよくばり天めんたい味〈海老とかきあげ〉」(482円)は、有明産焼き海苔の上に、海鮮かきあげとめんたい味ソースにつけた海老の天ぷらを1本のせてはさんだライスバーガー。
「モスライスバーガーよくばり天めんたい味〈海老とかきあげ〉」

「モスライスバーガーよくばり天めんたい味〈海老とかきあげ〉」

海鮮かきあげは、いか、海老、玉ねぎ、人参、枝豆を薄衣で包み、サクッとした食感とそれぞれの素材の味わいが楽しめる。海老の天ぷらだけでなく、5種類の具材のかきあげをプラスした、ボリュームたっぷりの“よくばり”なライスバーガーだという。
 
モスバーガーは、「“海老の天ぷら”と“めんたい味”に有明産焼き海苔の風味が相性抜群で、お子さまからご年配の方までどなたでも食べやすく、幅広い年代のお客さまにおすすめです」としている。
 
また、モスバーガーは、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の一部解除に伴い、営業時間短縮の要請が解除された地域で順次、営業時間の見直しを行う。営業時間短縮の要請が継続する地域については、各自治体の指定の時刻以降の店内飲食の利用を休止し、持ち帰りのみで営業する。