牛丼チェーン「すき家」は5月27日から、「シーザーレタス牛丼」「ハニマスレタス牛丼」を販売する。共に並盛530円。7月中旬までの期間限定。

「シーザーレタス牛丼」は今年で3年連続の販売となる、「すき家」の夏の新たな定番商品。レッドチェダーチーズ、ゴルゴンゾーラチーズ、ブラックペッパーを混ぜ合わせたコクのあるクリーミーな味わいのシーザーソースに、香り豊かなパルメザンチーズをかけ濃厚な味わいに仕上げた。

「ハニマスレタス牛丼」は、カリフォルニアくるみ協会との初コラボ企画として販売するメニューで、すき家特製ハニーマスタードソースとカリフォルニアくるみを使用。シャキシャキっとしたレタスに、甘いはちみつとさわやかな酸味の粒マスタードを組み合わせたハニーマスタードソースと、カリッとした食感の香ばしいカリフォルニアくるみの相性が良いメニューに仕上げている。

すき家は、「どちらの商品もシャキシャキのみずみずしい国産レタスで、初夏にピッタリな鮮やかな彩りとさわやかな味わいをお楽しみいただけます。ぜひお近くの“すき家”で、“シーザーレタス牛丼”と新商品の“ハ二マスレタス牛丼”をお試しください」としている。

なお、すき家は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴い、一部地域で20時から5時までをテイクアウト限定で営業している。対象地域は東京都・神奈川県・大阪府・兵庫県・京都府・沖縄県・静岡県(一部店舗除く)。

すき家は、店舗での待ち時間を解消できる「すき家のWEB弁当」予約システムを利用してテイクアウト注文することを勧めている。

◆テイクアウト予約=「すき家のWEB弁当」ウェブサイト
https://www.sukiya.jp/reserve/