とんかつ専門店「かつや」は5月29日、「かつや」国内店舗(一部を除く)で「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」を使った定食・丼・弁当などのメニューを発売する。期間限定で在庫がなくなり次第終了。

昨夏に好評を得た「まぐろカツ」を、さらにさっぱりと食べられる2020年版として「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」を販売する。

「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」は、厳選したキハダマグロをサクサクのカツに仕上げ、にんにく、玉ねぎ、青ねぎ、胡麻油、黒胡椒、塩、生姜、レモン果汁の8種の薬味をブレンドしたオリジナルの塩だれでさっぱりと食べられる。付け合わせには、大根つまとかいわれを添え、食感だけでなく見た目にも涼を感じられる一品。丼と定食を展開し、弁当としてテイクアウトすることも可能(弁当にとん汁はつかない)。

「かつや」の「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」関連メニューは下記の通り。価格は店舗によって異なる場合がある。

〈かつや「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」店内メニュー〉(税別価格)
・「まぐろカツ丼」590円
・「まぐろカツ定食」690円
・「まぐろカツ単品」490円

〈かつや「八種の薬味 塩だれまぐろカツ」テイクアウトメニュー〉(税別価格)
・「まぐろカツ丼弁当」590円
・「まぐろカツ弁当」690円
・「まぐろカツ単品」490円