牛丼チェーン店「すき家」は6月17日から、新カテゴリー「牛カルビ丼」(並盛550円、以下税込)を販売する(一部店舗除く)。

「牛カルビ丼」は、牛肉の厚みやたれの配合などの開発に2年半の歳月を経て誕生した商品。すき家特製カルビだれを絡めたカルビ肉を注文ごとに一食一食焼き上げる、“すき家史上全く新しいカテゴリー”の商品だという。

「牛カルビ丼」のほかにも、カルビ肉と相性のいいトッピングをのせたメニューを展開。とろけるチーズとカルビだれが絶妙に絡み、カルビ肉の旨みを際立たせる「チーズ牛カルビ丼」(並盛700円)や、ごま油や胡椒の効いたもやしとほうれん草のナムルをトッピングした「ナムル牛カルビ丼」(680円)、人気のキムチをトッピングした「キムチ牛カルビ丼」(680円)も同時に販売する。
「牛カルビ丼」「ナムル牛カルビ丼」「キムチ牛カルビ丼」

「牛カルビ丼」「ナムル牛カルビ丼」「キムチ牛カルビ丼」

すき家は、「口に入れるとカルビ肉特有の旨みがじゅわっと広がる、ご飯がすすむ味わいに仕上げました。別添えのすき家特製甘だれをかけると、おいしさが一層引き立ちます」としている。
 
なお、すき家は、店舗での待ち時間を解消できる「すき家のWEB弁当」予約システムを利用してテイクアウト注文することを勧めている。
 
◆テイクアウト予約=「すき家のWEB弁当」ウェブサイト
https://www.sukiya.jp/reserve/