日本ケンタッキー・フライド・チキンは6月17日から、「デラックスチキンフィレサンド」を、全国の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」店舗(一部除く)で発売する。数量限定で、なくなり次第販売終了。

「デラックスチキンフィレサンド」は、日本KFC創業50周年を記念し、利用客へ感謝の気持ちを込めて発売する、こだわりの詰まったボリューム満点のメニュー。単品500円、セット(ポテトS・ドリンクM付き)は800円、ボックス(骨なしケンタッキー・ミニアップルパイ・ポテトS・ドリンクM付き)は1000円(すべて税込価格)。

ジューシーな国内産チキンフィレは、カーネル・サンダース秘伝の11種類のハーブとスパイスで味付けし、店舗で1ピース1ピース手づくり調理。サクサクのハッシュポテト、スライスした濃厚なチェダーチーズ、スパイシーなコブソース、新鮮なレタスと一緒にライ麦パンではさんでいる。50周年ロゴをあしらった特別パッケージ(数量限定)で提供する。
デラックスチキンフィレサンド「特別パッケージ」イメージ

デラックスチキンフィレサンド「特別パッケージ」イメージ

日本ケンタッキー・フライド・チキンによると、KFCの原点とも言えるエピソードに、カーネルが7歳の時にひとりでライ麦パンを手づくりし、母親に喜んでもらった体験から「本当においしいものは人をしあわせにできる」ということを学んだという話があるという。このエピソードに着想を得て、バンズはライ麦パンを採用している。