回転寿司「スシロー」を展開するあきんどスシローは6月17日から、「匠のグラタン仕立て海老にぎり」「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれにぎり」「匠の本格麻婆麺」を、全国のスシローで販売している。数量限定で、なくなり次第終了。

今回発売する商品は、名店の匠とタッグを組んで“回転すしの常識を超える逸品”を提供する「匠の一皿プロジェクト」の第11弾。

「匠のグラタン仕立て海老にぎり」(150円、以下税別)は、世界一の朝食メニューと謳われるフレンチの名店“神戸北野ホテル”の山口浩氏が考案した商品。スシローで人気のえびに、山口氏特製ベシャメルソースとチーズを合わせ、店内で炙った創作すし。一口食べると、口の中に本格的な海老グラタンの香りと旨味が広がる。醤油をつけて食べるのもおすすめだという。

「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれにぎり」(150円)は、多種多様な料理を提供する京都の話題店“ブランカ”の吉岡哲生氏が考案した商品。店内でサッと酢〆した鯵(あじ)と、シャキシャキの香味野菜、匠特製のラー油入り胡麻だれが相性抜群だという。何層にも広がる味わいと風味を楽しむことができる。

「匠の本格麻婆麺」(380円)は、枠にとらわれない中華料理で話題の“中国菜エスサワダ”の澤田州平氏が考案。澤田氏秘伝のスシローでは初となる麻婆豆腐を使った。四川山椒が香る本格的な辛さを楽しめる餡が、コシのある麺によく絡むという。

いずれも一部店舗で品目・価格が異なる。「匠のグラタン仕立て海老にぎり」と「鯵と香味野菜ピリ辛胡麻だれにぎり」は持ち帰り注文も可能。