吉野家は7月1日から、テイクアウト用レジ袋をバイオマスプラスチックを配合したレジ袋に変更し、全国の吉野家店舗で7月1日以降も無料提供を継続すること発表した。

CO2削減・環境保全のため行うもので、植物由来を原料としたバイオマスプラスチック配合の袋へと全店切り替える。吉野家のテイクアウト用レジ袋を植物原料が25%配合された袋へと変更することで、年間34.6トンの石油由来プラスチックが削減される見込みだという。

今回変更するレジ袋は、経済産業省「プラスチック製買物袋有料化」対象外要件の1つである、「バイオマス素材の配合率が25%以上のもの」に該当するため、利用客がレジ袋代金を負担することなく商品を購入できる。

吉野家は、「お客様に安心・安全にテイクアウト商品をお持ち帰りいただくために、今後もテイクアウト用レジ袋を無料で提供することにいたしました」とし、レジ袋での持ち帰りによりマイバックよりも安定した状態で持ち運べること、衛生面を担保することが狙いであるとしている。