牛丼チェーン「松屋」は8月25日午前10時から、「豚キムチ丼」(税込650円)と、「豚キムチ定食」(税込730円)を発売する。

今回発売する商品は、松屋特製「豚キムチ」を使用したメニュー。キムチは、国産野菜を使い、松屋フーズの富士山工場で製造した自社製キムチを使用。豚肩ロース肉とニンニクの芽を合わせて、特製タレを絡め鉄板で焼き上げている。2020年は、“生玉子”と“半熟玉子”から好きな玉子を選べる。

「豚キムチ丼」はみそ汁・選べる玉子付き、「豚キムチ定食」は、ライス・みそ汁・生野菜・選べる玉子付き。テイクアウトも可能だが、その場合みそ汁は別途60円必要。

また、発売を記念して9月8日午前10時までは、「豚キムチ丼」「豚キムチ定食」を注文した人を対象に、ライス大盛を無料サービスする。

なお、松屋は、店内での待ち時間がかからず最短受取は15分後から可能な、弁当WEB予約サイト「松弁ネット」を勧めている。このたび事前クレジットカード決済にも対応し、よりスムーズに商品を受け取ることが可能になった。9月30日までの期間に受け取る注文をすると、通常の10%のところ、期間限定“20%”のポイント還元を行うサービスも行っている。