回転寿司チェーン「くら寿司」は10月9日から、「うなぎの蒲焼き18食セット」(税込8000円、送料無料)を購入した人に、「鬼滅の刃クリアファイル」第4弾コンプリートセット(4枚)をプレゼントする通販限定企画を開始した。

先着150人限定。ECサイト「くら寿司ネット通販 無添加工房」で実施し、「うなぎの蒲焼き」は冷凍で配達する。1食分ずつ小分けしており、「山椒」と「うなぎのタレ」付き。

くら寿司ネット通販の「うなぎの蒲焼き」は、魚のプロが厳選したうなぎのみを使用し、1cmほどの肉厚のうなぎを贅沢に使用。独自の製法でじっくり炭火で焼き上げた後に蒸しの工程を加え、ふっくらまろやかに仕上げている。

くら寿司によると、無添加のうなぎのたれは「ほとんど無い」ため、化学調味料・人工甘味料・合成着色料・人工保存料を使用しない「無添加だれ」を年月をかけて独自に開発し、そのたれを絡めて焼き上げることで、うなぎの旨さを引き立てているという。「くら寿司ネット通販 無添加工房」では「12食セット」「6食セット」の販売も実施しているが、今回のプレゼント企画対象は「18食セット」のみ。

「鬼滅の刃クリアファイル」は、くら寿司が9月から開催しているアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」とのコラボキャンペーンの一環として、店内飲食・テイクアウトを対象に、税込2000円ごとに1枚、プレゼントしているもの。10月9日から第4弾として4デザイン計40万枚の配布を開始した。

〈関連記事〉くら寿司×鬼滅の刃 コラボクリアファイル第4弾は“柱”9人が勢ぞろい、40万人にプレゼント
https://www.ssnp.co.jp/news/foodservice/2020/10/2020-1008-0401-15.html
くら寿司「鬼滅の刃クリアファイル」第4弾デザイン

くら寿司「鬼滅の刃クリアファイル」第4弾デザイン

 
第4弾クリアファイルは、TVアニメ「鬼滅の刃 竈門炭治郎立志編」第19話から、最終回である第26話までの内容を1枚に2話ずつデザイン。主に、主人公「竈門炭治郎(かまどたんじろう)」が十二鬼月・累と死闘を繰り広げる“那田蜘蛛山の戦い”終盤から、炭治郎が所属する“鬼殺隊”の中核メンバー“柱”たちとの出会い、重傷を負った炭治郎の“蝶屋敷”での治療と訓練の様子を描く。
 
デザインには「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」で重要な役割を担う「煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)」ら9人の“柱”が勢ぞろいし、“鬼”の首領である「鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)」の姿や、「竈門炭治郎立志編」屈指の名場面として語られる“ヒノカミ神楽”使用シーンも採用されている。
 
くら寿司の「鬼滅の刃クリアファイル」は、すでに第1弾から第3弾まで合計14デザイン・140万枚を配布してきた。各デザイン10万枚ずつという大規模なプレゼントキャンペーンではあるが、それ以上に人気は高く、配布開始から2~3日もすると、SNSには「目当てのデザインが品切れだった」という投稿もちらほら見受けられる。確実に入手したいデザインがある人や、時間が取れず店舗に行けない人、全デザイン入手したいが「そんなにたくさん食べられない」という人などは、「うなぎの蒲焼き18食セット」の通販も検討してはいかがだろうか。
 
今回の通販限定企画は先着150人という限られた人数を対象としており、くら寿司の公式Twitterアカウントでは、早めの注文を呼びかけている。