ゼンショーグループの「すき家」「なか卯」に、1月28日からアニメ「エヴァンゲリオン」とのコラボスイーツ「紅茶のブラン・マンジェ」シリーズが登場した。また、「はま寿司」にも1月30日から登場予定。いずれも数量限定のため、なくなり次第終了。

「紅茶のブラン・マンジェ」は、すき家・なか卯・はま寿司で、それぞれ異なる味とパッケージデザインで展開。紅茶は、途上国の生産者と継続的に公正な価格で取引を行う“フェアトレード”によって買い入れたものを使っている。

すき家は、初号機をデザインした「紅茶のブラン・マンジェ ブルーベリー」。

なか卯は、零号機をデザインした「紅茶のブラン・マンジェ マンゴー」。

はま寿司は、2号機をデザインした「紅茶のブラン・マンジェ ストロベリー」をそれぞれ取り扱う。なか卯とすき家で発表されている価格は各税込240円。

なお、『エヴァンゲリオン新劇場版』シリーズ4作目で完結編となる『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は現在、公開日を延期している。当初は2020年6月の公開を予定していたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、2021年1月23日に延期。しかし、1月に2度目の緊急事態宣言が発出されたことなどから、公開を自粛し再延期を発表した。公式発表によると、「今後の公開予定は慎重に検討中」という。