バーガーキングは2月5日、「アボカドビーフワッパー」「アボカドプラントワッパー」の2商品を発売する。

今回発売する2商品は、2021年最初のバーガーキング期間限定ハンバーガー。アボカドと、“ビーフパティ”“プラントベースパティ(植物肉パティ)”の2種類のパティをそれぞれ組み合わせた。モーニング実施店舗では10時30分以降に提供する。
バーガーキング「アボカドプラントワッパー」(プラントベースパティ)

バーガーキング「アボカドプラントワッパー」(プラントベースパティ)

「アボカドビーフワッパー」は、バーガーキング自慢の直火焼きで仕上げた、100%ビーフパティを使用。ジューシーな100%ビーフパティとクリーミーなアボカドのコンビネーションを楽しめるという。価格は単品690円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)とのセットは990円(税込)。
 
「アボカドプラントワッパー」は、大豆由来の100%植物性パティを使用。スモーキーで野菜と相性抜群の100%プラントベースパティとアボカドのマッチングを味わえるという。価格は単品790円、セット1090円(税込)。なお、製造過程において、動物性食材と調理器具を共有している。
 
それぞれのワッパーは、プラス税込200円でアボカドを追加でトッピングできる。また、プラス100円でチーズ2枚の追加トッピングができる。
 
なお、バーガーキングでは2020年12月から、看板商品「ワッパー」で合成着色料・合成保存料・合成香料・化学調味料など人工添加物を使用しない“リアルフード”を実現し、全店で提供している。2021年以降にはワッパー以外のハンバーガー、デザート、サイドメニューでも、同様の基準で“リアルフード”へ切り替えを行う方針だ。
 
〈関連記事〉バーガーキング「ワッパー」合成着色料・香料・保存料など無添加に、他のハンバーガー、サイドメニュー、デザートも切り替えへ
 
2020年12月に開催したメディア向け発表会で、バーガーキングを運営するビーケージャパンホールディングスの担当者は、「シンプルな原料でシンプルにつくる“リアルフード”はおいしいと信じている。ビーフ100%のパティを直火でじっくりと焼き上げ、新鮮な野菜を店舗で毎朝必要な分だけカットしてきた」などと話した。