牛丼チェーン「松屋」は2月2日、「マッサマンカレー」を全国の店舗(一部除く)で発売した。

「マッサマンカレー」(並730円、ライス大盛790円、以下税込)は、濃厚なココナッツミルクのコクと数種類のスパイスが香り立つカレーソースに、鉄板で焼き上げた鶏もも肉と北海道産じゃがいもを加えた新作カレー。ライスとみそ汁付き。+100円で生野菜セットにできる。テイクアウト(持ち帰り)も可能だが、その場合、みそ汁は付かず別途60円となる。

松屋は「マッサマンカレー」発売を記念して、同品を注文した人を対象に、2月16日午前10時まで“ライス大盛無料サービス”を実施する。

なお、他の牛丼チェーンでは、すき家が2月3日から「NY(ニューヨーク)ポークカレー」と「マンハッタンデラックスカレー」を販売している。「NYポークカレー」は、NYを中心にアメリカで広く親しまれている“パストラミ”と、たっぷりの野菜が溶け込んだ「横濱カレー」を組み合わせた商品。「マンハッタンデラックスカレー」は、「NYポークカレー」に3種のチーズとほうれん草を合わせている。

〈関連記事〉すき家「NYポークカレー」「マンハッタンデラックスカレー」発売、アメリカで親しまれるパストラミをトッピング
すき家「NYポークカレー」「マンハッタンデラックスカレー」

すき家「NYポークカレー」「マンハッタンデラックスカレー」