牛丼チェーン店「すき家」は4月12日、全国約23万人の医療従事者に「プレミアムSukipass(すきパス)」を贈呈したと発表した。

「プレミアムSukipass」は、すき家が感謝したい人々に贈る特別な定期券「Sukipass」。。店頭で販売しているSukipass同様、会計時にカードを見せるだけで、全てのメイン商品を70円引きで購入できる。店内飲食だけでなく、テイクアウト弁当を購入する際にも利用可能。全国の「すき家」全1,938店舗で利用できる。

今回、すき家は全日本病院協会などの協力のもと、全国570施設23万5,260人分を贈呈した。新型コロナウイルスの猛威が1年を超えても収まらないなか、今なお最前線で働く全国の医療従事者に敬意を表して実施したものだという。

すき家は今回の「プレミアムSukipass」贈呈について、以下の通り説明している。

〈すき家「プレミアムSukipass」医療従事者約23万人への贈呈についての説明〉
全国約2,000店舗で、24時間365日いかなる時も温かい食事をお手軽価格で提供している「食のインフラ」を担うすき家として、昼夜問わずご尽力いただいている医療従事者および関係者のみなさまの一助となれるよう、今回の取り組みを実施しました。

「プレミアムSukipass」は、全国のすき家の店舗でご利用いただけます。働く仲間とお客様の笑顔が交わる地域の結び目であるすき家は、これからも温かい店舗づくりを続けてまいります。