スターバックス コーヒー ジャパンは4月16日から、一部を除く国内全店舗で、冷たいドリンク23品目の容器をプラスチック製から紙製に変更し、ストロー不要の「リッド(ふた)」で提供している。

対象となるドリンクは、アイスの「スターバックス ラテ」「キャラメル マキアート」などエスプレッソビバレッジと、「アイス チャイ ティー ラテ」「アイスココア」「アイスミルク」「キッズ ミルク」「キッズ ココア」。これに、2021年2月にすでに切り替えを行っている「アイスコーヒー」「アイスティー」を合わせた、合計23品目の冷たいドリンクで切り替えを実施する。ホットドリンクに関しては、2021年2月にすべて切り替え済み。

切り替わったドリンクは、「ペーパーカップ」と、ストロー不要の「リッド(ふた)」で提供する。「ペーパーカップ」はホット・アイス双方に使用できる仕様。冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくく、耐久性を持たせるため、カップの内側・外側共にラミネート加工を施している。「リッド」は、従来のリッドよりも飲み口を大きく設計したことで、快適な飲み心地で、コーヒーのアロマも楽しめるという。

〈カップ詳細〉スタバの冷たいドリンクに「ペーパーカップ」とストロー不要の「リッド」導入、プラ削減をさらに加速/スターバックス コーヒー ジャパン
アイスビバレッジの旧カップ・リッド(左)と新カップ・リッド(右)

冷たいドリンクの旧カップ・リッド(左)と新カップ・リッド(右)

スターバックスコーヒージャパンによると、対象の23品目は定番の冷たいドリンクの約70%にあたる。今回の取り組みを通して、年間約6700万本分のストローと、その同数、約6700万杯分のプラスチックカップ削減効果を生む見込みだという。
 
これまでもスターバックスは、使い捨てプラスチック削減の取り組みを行ってきた。2020年1月から「紙ストローへの切替え」を実施し、年間約2億本分のプラストローを削減。2020年1月にはプラスチック製ギフト資材を全廃し、紙やオーガニックコットン資材へ切り替えたことで、年間約18トンのプラスチック量を削減。2020年2月には洗って何度も使える「リユーザブルカップ」の販売を開始した。