株式会社丸亀製麺と株式会社TOKIOは4月21日、「共創型パートナーシップ」を締結した。今後、両社は“うどんで日本を元気にプロジェクト”のもと、さまざまな取り組みを企画していく。

合同記者会見で、トリドールホールディングスの粟田貴也社長兼CEOと、TOKIOの城島茂社長が「共創型パートナーシップ」締結の調印を行った。
「共創型パートナーシップ」締結 調印の様子

「共創型パートナーシップ」締結 調印の様子

 
パートナーシップ締結の背景に関してトリドールHD粟田社長は、「TOKIOのものづくりに対するこだわりや、地域・社会に貢献している姿に共感し、締結に至った」とした。TOKIOの3人と初めて会った際には、3人が伐採から加工まで行った木製の名刺に驚いたという。
 
TOKIO城島社長は、「コロナになって、普段の生活がどれほどありがたかったかということに気付かされた。TOKIOとしても何かできないかと思っていた中で、丸亀製麺に声をかけてもらった。株式会社TOKIOの第一歩として、これまで培ってきたノウハウやアイデアをもとに丸亀製麺とディスカッションし、一緒に日本を元気にするプロジェクトができたら」と意気込みを語った。
 
合同記者会見では、TOKIO3人がそれぞれ考案した日本を元気にするアイデアを発表した。

TOKIOが日本を元気にするアイデアを発表

TOKIOが日本を元気にするアイデアを発表

 
城島社長は「キッチンカー全国行脚」として、キッチンカーで全国を巡り、店舗がない地域にも出来たてのうどんを届けつつ素材を集めて究極のうどんを作るという企画を考案。国分太一副社長は「うどん食育」と題し、丸亀製麺の知識とこれまで野菜など多くの食材を育ててきたTOKIOのノウハウを活かす企画を考案。松岡昌宏副社長は「トッピング開発」として、地元の農家や水産の誇りである地域食材をうどんのトッピングにすることを考案した。
 
このアイデアを受けて、トリドールHDの粟田社長と丸亀製麺の鳶本真章取締役は、地域とともに成長してきた企業として、どのアイデアも地域のお客様と接点が持てて素晴らしく、前向きに議論・検討していきたいとした。

トリドールHD 鳶本取締役、粟田社長

トリドールHD 鳶本取締役、粟田社長

 
丸亀製麺の「うどんで日本を元気にプロジェクト」は、コロナによって食べる楽しみや人が集う機会が減少しているなか“食べる喜びで笑顔になってもらいたい、うどんで日本中を元気にしたい”との思いから2021年1月にスタートしたもの。

丸亀製麺×TOKIO フォトセッション

丸亀製麺×TOKIO フォトセッション