にんべんが運営する鰹節だしを使ったメニューをテイクアウト中心で提供する「日本橋だし場 本店」(東京・日本橋「COREDO室町1」内)と、和ダイニング「日本橋だし場 はなれ」(同「COREDO室町2」内)は7月16日から、「金魚」をテーマにした期間限定のテイクアウトメニューを販売している。販売期間は9月12日まで。

今回のテイクアウトメニューは、日本橋エリアで7月16日から開催しているイベント「ECO EDO 日本橋 2021 〜五感で楽しむ、江戸の涼〜」の一環として展開するもの。同イベントでは、江戸時代に日本橋で育まれた“涼”をとる生活の知恵や工夫を現代流にアレンジした様々な企画を実施する。2021年はコロナ禍での実施となるため、“日本橋の夏さがし”をテーマに、街歩きをしながらテイクアウトを中心とした夏のグルメを楽しむ「金魚スイーツ&バルさんぽ」を企画し、金魚をモチーフにした写真映えするようなスイーツメニュー、バルメニュー、ドリンクメニューを提供する。

その中で「日本橋だし場 本店」では、「日本橋だし場アイスクリーム〜金魚〜」を販売している。同品は、きなこをトッピングしたアイスの上に、最中(もなか)をのせ、その中に金魚の形をした黒糖寒天を入れた、見た目にも楽しめるデザート。税込340円。
にんべん「日本橋だし場アイスクリーム〜金魚〜」

にんべん「日本橋だし場アイスクリーム〜金魚〜」

 
和ダイニング「日本橋だし場 はなれ」では、「冷やし白滝のだしヌードル」と「金魚ジンジャーエール」を提供している。
 
「冷やし白滝のだしヌードル」は、白滝・サラダチキンの冷やしだしヌードルに、金魚の形の薄焼き卵をトッピングしている。税込700円。

にんべん「冷やし白滝のだしヌードル」

にんべん「冷やし白滝のだしヌードル」

 
「金魚ジンジャーエール」は、自家製ジンジャーエールに、鮮やかな赤い金魚をかたどった寒天を浮かべている。税込500円。
 
◆「ECO EDO 日本橋 2021」公式サイト