日本マクドナルドは9月8日、全国の「マクドナルド」店舗で、“月見バーガー”“月見スイーツ”シリーズ商品を発売する。2021年は新ラインアップに「濃厚とろ~り月見」「月見 マックシェイク」を加え、定番の「月見バーガー」などと共に展開する。「シャカシャカポテト 柚子七味マヨ」も同時発売。関連商品は以下の通り。

〈マクドナルド「月見」シリーズ関連メニュー(税込価格)〉
・「月見バーガー」(単品340円・セット640円)、10月下旬まで
・「チーズ月見」(単品370円・セット670円)、10月下旬まで
・「濃厚とろ~り月見」(単品420円・セット720円)、10月下旬まで
・「月見マフィン」(単品330円・セット530円・コンビ400円)、10月下旬まで
・「月見パイ」(150円)、10月中旬まで
・「月見 マックシェイク」(Sサイズ130円・Mサイズ210円)、10月中旬まで
・「月見 マックフルーリー」(320円)、9月15日~10月中旬まで
・「シャカシャカポテト 柚子七味マヨ」(ポテトにプラス30円)、10月中旬まで

〈関連記事〉KFC“とろ~り月見”2021、チキンフィレサンドとチキンカツサンド、チーズをはさんで4品展開、セット・ボックスも/ケンタッキーフライドチキン
マクドナルド“月見バーガー”に「濃厚とろ~り月見」「月見マックシェイク」新登場

マクドナルド“月見バーガー”に「濃厚とろ~り月見」「月見マックシェイク」新登場

マクドナルド「月見バーガー」は、1991年から秋季限定で提供している人気ハンバーガー。月に見立てた“ぷるぷるタマゴ”と、つなぎの入っていないジューシーな“100%ビーフパティ”を使用。“スモークベーコン2とともに、クリーミーで濃厚なトマト風味の“トマトクリーミーソース”を合わせて仕上げている。

マクドナルド「月見バーガー」

マクドナルド「月見バーガー」

2021年新発売の「濃厚とろ~り月見」は、月見バーガーに“チーズソース”を加えたハンバーガー。チェダーチーズなどが入った、“とろ~りとろける”濃厚なソースだという。バンズには、チーズ風味のふわもち食感の新バンズを使用している。
 
そのほかハンバーガーでは、チェダーチーズを加えた「チーズ月見」や、10時30分までの朝マック時間帯メニュー「月見マフィン」を販売する。
 
“月見スイーツ”では、「月見 マックシェイク」が初登場。国産の和三盆糖ときなこを使用した“和三盆きなこ味”で、上品な優しい甘さと香ばしいきなこの香りを楽しめるという。
 
「月見パイ」は2019年から登場。あんことおもちをパイで包んだメニュー。「月見 マックフルーリー」は、2020年に登場したスイーツ。みずみずしく柔らかなわらびもちに、濃厚でコクのある黒みつソースとミルクリッチな味わいのソフトクリームを合わせた。 きなこ風味のサックサクなコーンクラッシュがソフトクリームのおいしさを引き立てるという。

マクドナルド「月見パイ」「月見 マックシェイク」

マクドナルド「月見パイ」「月見 マックシェイク」

「シャカシャカポテト 柚子七味マヨ」は、七味(金ごま、唐辛子、焼のり、アオサ、山椒、生姜、陳皮)に柚子胡椒で“ピリッと爽やか”なアクセントを付け、さらにマヨネーズ風味で濃厚なおいしさに仕上げたという。ポテト単品やポテトを含むセットメニューから、プラス30円で変更できる。
 
「濃厚とろ~り月見」「月見バーガー」「チーズ月見」「シャカシャカポテト 柚子七味マヨ」は、10時30分から閉店までの販売(24時間営業店舗では翌4時59分まで)。「月見 マックシェイク」「月見 マックフルーリー」は、10時30分から閉店まで販売(24時間営業店舗では翌1時00分まで)。「月見マフィン」は朝マックとして、開店から10時30分まで販売(24時間営業店舗では午前5時から)。「月見パイ」は全時間帯で販売する。
 
なお、お月見が行われる「十五夜」は“中秋の名月”とも呼ばれ、2021年は「9月21日」。旧暦では月の満ち欠けを基準にしていたため、毎月15日の夜が満月にあたり、なかでも、「秋」(旧暦では7・8・9月)の真ん中である8月15日の満月を“中秋の名月”と呼んでいた。一方、太陽の動きを基準にする新暦では旧暦とずれが生じるため、中秋の名月は9月7日~10月8日の間で移動する。また、月の満ち欠けが平均29.5日であることから、中秋の名月と満月の日付もずれが生じる。2021年の場合は「十五夜」「満月」ともに9月21日。2020年の「十五夜」は10月1日だったが「満月」は10月2日。2022年はともに9月10日。