日本ケンタッキー・フライド・チキンは10月6日、チキンメニュー2種類を選べる「シェアBOX」を、全国の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)店舗」(一部除く)で発売する。10月31日までの期間限定。

〈関連記事〉KFC「発酵バター入りビスケット」発売、通常品と同価格、北海道産の発酵バターを生地に練りこみ/ケンタッキーフライドチキン

「シェアBOX」は、ケンタッキーの人気チキンメニュー4種類の中から、異なる2種類を選んで組み合わせる商品。価格は税込1500円。選べるラインナップは、「オリジナルチキン4ピース」「カーネルクリスピー6ピース」「骨なしケンタッキー4ピース」「ナゲット15ピース」の4種類。

「シェアBOX」を注文した場合、「ビスケット」3個、または、「ポテト(S)」3個を、それぞれ税込390円で追加注文できる。パック1注文につき、何個でも追加可能。

なお、日本KFCの直近の業績は、コロナ禍におけるテイクアウト需要の増加などを背景として好調に推移。2021年9月の既存店売上高は、コロナ前の2019年比で26.9%増、2020年比では20.9%増と、大きく伸長している。