一般社団法人メディカルチェック推進機構(東京都板橋区、横倉義武会長)とICheck(東京都千代田区、金子賢一代表取締役)は10月6日、新型コロナワクチン接種証明アプリ「ワクパス」の提供を発表した。

「ワクパス」は、民間初のワクチン接種証明アプリで、各地の医療機関や自治体が発行した、新型コロナウイルスのワクチン接種済証(記録書)をデジタル化したもの。ワクチン接種済証と顔写真付きの身分証明書をスマートフォンのカメラで撮影して登録すると、賛同企業の対象店舗やICheckのオンラインストアで、特典を受けることができる。アプリは「App Store」「Google Play」から無料でダウンロードできる。

〈関連記事〉ワタミ“ワクチン2回で1杯無料”年末まで延長、感染対策基準「ワタミ安心宣言」も、 緊急事態宣言明けで稼働は計350店舗

アプリのリリース日は10月6日を予定していたが、現在Google・Appleともにアプリ承認待ちの状態で審査に時間がかかっており、提供開始は近日中を予定している。承認遅延の理由には、コロナ関連というセンシティブな内容から、通常の審査より時間がかかっていることが想定されるという。

「ワクパス」の賛同企業・団体と特典(一部紹介)は以下の通り。内容が変更となる可能性がある。

・APAホテル:全国のアパホテルでチェックアウトの1時間延長などを検討
・HIS:独自プランを検討
・カッパ・クリエイト:会計時に10%オフ
・オリーブスパ:提示で特別品をプレゼント
・鹿島アントラーズ:声出し応援特別席の用意を検討
・アトム
・サンワサプライ
・日本たばこ産業
・東京商工会議所 など

このほか、複数の企業や団体から前向きな検討・賛意を受けており、今後も増やしていくという。

賛同企業は、アプリ上に特典を無料で掲載することができ、集客が期待できる。すでにワクチン接種者を対象とした特典を実施している場合は、アプリ上で連携することができる。また、個人で運営する小規模店舗などが、ITインフラに新たにコストを割かなくても済むよう、QRコード使用しない簡便なシステムを採用したという。

ユーザーにとっては、企業や店舗が独自に実施していた特典をアプリで一覧することができ、特典を用意している店を探しやすくなるといった利便向上が期待できるという。
ワクチン接種証明アプリ「ワクパス」使用イメージ

ワクチン接種証明アプリ「ワクパス」使用イメージ

ICheckの山口慶剛取締役は、「(ワクパスは)ワクチン接種の促進と停滞している経済活動の正常化を目指して開発した。一方で、アレルギーなどの理由から接種できない方々に、決して不利益を与えることがないよう重々配慮し、検査証明など代替措置の検討も進めていきたい」とした。
 
今後の機能拡充として、海外渡航に際してのグローバルパスの連携、陰性証明書の発行、3回目のブースター摂取への対応などを検討しているという。
 
なお、政府では、海外渡航時にワクチン接種を済ませたことを証明する紙のワクチンパスポートをすでに発行しており、国内版のワクチンパスポートは年内をめどに電子交付する方向で準備を進めている。

ICheck山口取締役

ICheck山口取締役