ハンバーガーチェーン「バーガーキング」は10月22日、バターを染み込ませたバンズを使った「ギルティバタービーフバーガー」「ギルティバターチキンバーガー」を期間限定・数量限定で発売する。一部、取り扱いがない店舗がある。また、販売を一時中止する場合がある。

〈関連記事〉バーガーキング「アボカドワッパー」定番化、2021年上半期“売上ナンバー1”ハンバーガー

「ギルティバターバーガー」シリーズは、新開発の「クラフトバンズ」を使っていることが特徴。クラフトバンズは、発酵後のパン生地にバターソースをひとつずつ手作業で絞り入れて焼き上げるため、通常のバンズよりも、生産に時間と手間をかけているという。バーガーキングを展開するビーケージャパンホールディングスは、「バターがじゅわっとしみこんだ、香り高くリッチな味わいをお楽しみください」としている。
新開発「クラフトバンズ」(バーガーキング)

新開発「クラフトバンズ」(バーガーキング)

「ギルティバタービーフバーガー」は、直火焼きの100%ビーフパティに、チェダーチーズスライス、ピクルス、レタス、トマト、玉ねぎ、マヨネーズとケチャップをあわせ、バターがしみこんだクラフトバンズで挟んでいる。単品740円(以下税込)、セット(フレンチフライM・ドリンクMつき)1,040円。

バーガーキング「ギルティバタービーフバーガー」

バーガーキング「ギルティバタービーフバーガー」

「ギルティバターチキンバーガー」は、サクサク食感のチキンパティに、レタス、玉ねぎ、ピクルス、マヨネーズ、チェダーチーズを使ったソースをあわせ、バターがしみこんだクラフトバンズで挟んだ商品。チキン×チーズ×バターの組み合わせが、やみつきになる味わいだという。単品640円、セット940円。

バーガーキング「ギルティバターチキンバーガー」

バーガーキング「ギルティバターチキンバーガー」

なお、バーガーキングは「ギルティバターバーガー」発売と同日の10月22日から、サイドメニュー「ピエロの甘ポテ」を期間限定・数量限定で販売する。単品330円。

 
「ピエロの甘ポテ」は、フレンチフライに“特製MIXチョコソース”をかけた、甘じょっぱさが特徴の商品。セットのフレンチフライMから、無料でアップグレードできる(クーポンでセットを利用した場合は不可)。

バーガーキング「ピエロの甘ポテ」

バーガーキング「ピエロの甘ポテ」