回転寿司チェーン「かっぱ寿司」は12月3日から、全店舗で「冬の寒鰤(ぶり)祭り」を開催している。12月26日までの期間限定。

【関連記事】くら寿司に“ふぐ刺し”登場、鬼滅の刃コラボメニュー「宇髄天元のてっさ」、“かにといくらフェア”開催も

「冬の寒鰤祭り」は、“この冬かっぱ寿司が自信を持ってお届けする”イチオシネタ、「寒ぶり」をメインにしたフェア。越冬や産卵に向けたくさんエサを食べ“たっぷり脂がのった”この時期にしか味わえない寒ぶりを、「活〆」「炙りしゃぶ」「なめろう」といった様々な味わいで提供。そのほか、「白子」や「あん肝」「あんこう」など、冬ならではのメニューを取り揃える。

「活〆寒ぶり」(2貫税込110円)は、水揚げ後、一度も冷凍せず店舗に届けられた寒ぶりを使用。鮮度を最大限に保ち旨みを引き出すため、皮引きと切り付けを店内で行っている。お腹の部分を使用した「活〆寒ぶりはらみ」(1貫税込220円)は、他の部位よりもさらに脂のりが良く、醤油を弾くほどだという。

「活〆寒ぶり炙りしゃぶ ポン酢ジュレ」(1貫税込165円)は、直火炙りの寒ぶりを味わうメニュー。トッピングを変えた「活〆寒ぶり炙りしゃぶ 塩レモン」「活〆寒ぶり炙りしゃぶ おろしのせ」も同じく1貫165円で提供する。

「潮の寒ぶりなめろう」(1貫税込110円)は、 寒ぶりに「みょうが」「大葉」「しょうが」「青ねぎ」の薬味をあわせ、店内でたたいて仕上げたメニュー。味付けには「合わせ味噌」と、かっぱ寿司オリジナル「だし醤油」を使用し、さらに寒ぶりの旨さを引き立てた“こだわりの逸品”だという。

サイドメニューでは、「冬の味覚 天然あんこうの唐揚げ」(税込363円)などを提供。かっぱ寿司オリジナルの醤油ベースで味付けしたあんこうの唐揚げは、店内揚げたて熱々で提供する。好みで卓上の塩と、カボスを絞って味わえる。
かっぱ寿司「冬の寒ぶり祭り」メニュー一覧

かっぱ寿司「冬の寒ぶり祭り」メニュー一覧

〈かっぱ寿司「冬の寒ぶり祭り」メニューリスト(税込)〉
・「活〆寒ぶり」2貫110円
・「活〆寒ぶりはらみ」1貫220円
・「活〆寒ぶり炙りしゃぶ ポン酢ジュレ」1貫165円
・「活〆寒ぶり炙りしゃぶ 塩レモン」1貫165円
・「活〆寒ぶり炙りしゃぶ おろしのせ」1貫165円
・「潮の寒ぶりなめろう」1貫110円
・「冬の味覚 海の幸三昧(のどぐろ、本ずわい蟹ほぐし身、活〆寒ぶり)」3貫330円
・「私『アンキモ白子』です 白子のあん肝のせ包み』1貫220円
・「白子軍艦 ポン酢ジュレのせ」2貫165円
・「天然のどぐろ炙り」2貫330円
・「いか刺しとたくあんの松前」2貫110円
・「本ずわい蟹とあん肝の茶碗蒸し」330円
・「冬の味覚 天然あんこうの唐揚げ」363円
・「寿司屋の季節の天ぷら盛合わせ」550円
 
なお、かっぱ寿司は公式サイトに掲載した「年末年始の営業時間について」の告知で、特別営業時間を実施することを発表している。対象日は12月29日・30日・31日と1月1日・3日。12月29日と12月30日および12月3日は、土日祝の営業時間に準ずる特別営業時間を実施。12月31日と1月1日は公式サイトで特別営業時間を公開している。また、12月29日から1月3日までは、「かけうどん」の販売を休止する。
 
◆かっぱ寿司「年末年始の営業時間について」