牛丼チェーン「松屋」を展開する松屋フーズは、「2022年新春福袋」をオンラインで販売している。2022年1月20日までの期間限定だが、商品なくなり次第終了。

【関連記事】すき家の福袋「SMILE BOX 2022」トートバッグ・ランチョンマット・プレート&マグ・ふせんに2000円クーポン付き、価格は2000円

「2022年新春福袋」は、13種30食・単品合計1万5340円を、税込5999円(送料無料)で販売する商品。1食当たり199円で購入できる計算だ。「牛めしの具~プレミアム仕様~」や、2019年12月に終売し、実店舗では食べられない「オリジナルカレー」などをセットにしている。取り扱い店舗は「楽天市場 松屋フードコート店」「牛めし松屋 Paypayモール店」。

また、福袋を購入した人を対象に、「総額100万円相当 超豪華景品があたる!!2022年最初の運試し」キャンペーンも実施する。抽選で「Ipadmini6 8.3インチ」や「Nintendo Switch」「ルンバ e5アイロボット」などの家電製品22種42個をプレゼントする。当選発表は2022年1月25日前後に行う。

〈松屋「2022年新春福袋」内容〉
・「牛めしの具~プレミアム仕様~」5食
・「乳酸菌入り牛めしの具」2食
・「糖質50%OFF牛めしの具」2食
・「オリジナルカレー」8食
・「牛めしバーガー」1食
・「とんかつバーガー」1食
・「三元豚ロースカツ」2食
・「旨塩牛焼肉」1食
・「牛ホルモン焼」1食
・「味付け焼きビーフン」2食
・「豚生姜焼き」1食
・「旨塩ずわい蟹丼の具」2食
・「松鷹やもつ鍋セット」2人前

【関連記事】吉野家「2022年福箱セット」WEB通販、牛丼の具・親子丼の具・うなぎ蒲焼きなど“どんぶりBOX”で、焼魚定食などのフィギュア付き
松屋「2022年新春福袋」内容イメージ

松屋「2022年新春福袋」内容イメージ

なお、同じく牛丼チェーンでは「吉野家」「すき家」でも福袋を展開している。「吉野家」は公式通販ショップで、2022年正月に向けた商品「福箱セット」を販売。「すき家」は12月27日午前10時から、2022年向け福袋「SMILE BOX 2022」を販売。全国の「すき家」801店舗(12月6日時点)と、通販サイト「ゼンショーネットストア」で取り扱う。