丸亀製麺は2022年1月12日から、一部商品の値上げを実施する。

【関連記事】丸亀製麺「牡蠣たまあんかけうどん」2021-2022冬、昨年比1個増量“牡蠣6個”、水で締めない釜抜き麺で熱々を

公式サイト内「一部商品価格改定のお知らせ」の改定価格表(12月26日掲載、抜粋)によると、「かけうどん」「ぶっかけうどん」「ざるうどん」の“並”は、旧価格の各320円(以下、税込価格)から20円値上げし、340円に改定する。

「釜玉うどん(並)」(旧価格390円)は新価格420円、「とろ玉うどん(並)」(旧460円)は490円、「肉うどん(並)」(旧590円)は620円へ、各30円の値上げ。

看板商品「釜揚げうどん(並)」の価格は、従来の290円に据え置く。テイクアウト限定メニュー「丸亀うどん弁当」シリーズも、「2種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」(390円)、「3種の天ぷらと定番おかずのうどん弁当」(490円)ともに旧価格を据え置き(弁当は容器代を含む価格)。

各うどんメニューの“並”から“大”へのサイズ変更は、旧価格の「プラス110円」から「プラス120円」に改定する。

天ぷらメニュー価格の扱いは商品ごとに異なり、「ちくわ磯辺天」(70円)、「えび天」(160円)の価格は据え置き。「野菜かき揚げ」は旧140円を150円、「かしわ天」は旧150円を160円に、各10円値上げする。
丸亀製麺 改定価格表(抜粋、2022年1月12日実施)

丸亀製麺 改定価格表(抜粋、2022年1月12日実施)

 
丸亀製麺は今回の価格改定について、「昨今の原材料費の高騰及び人件費・物流費の高騰」を受けて実施するものだと説明している。