回転寿司チェーン「くら寿司」は3月7日、原宿店限定で、クレープのテイクアウト販売を開始した。

「くら寿司 原宿店」は、1990年代後半から2000年代生まれの“Z世代”がターゲットの、写真映えする“世界一映える寿司屋”として、2021年12月にオープン。原宿店限定のスイーツには、揚げたシャリを使った“寿司クレープ”やソフトクリームを取りそろえている。これまでは店内飲食に限られていたが、専用のテイクアウトレジを導入し、持ち帰り可能となった。テイクアウトしたスイーツは、店内のバルコニーとスタンド席で食べることもできる。

【関連記事】“世界一映える寿司屋”くら寿司 原宿店オープン、店内にクレープ屋台、東京タワー&スカイツリー見えるバルコニーも
スタンド席とバルコニー(くら寿司 原宿店)

スタンド席とバルコニー(くら寿司 原宿店)

クレープは“映え”を意識し、天然着色料によるピンクと黄色の2色の生地を使っている。クレープを作る「スイーツ屋台」では、目の前でロボットが生地を焼き上げる様子を楽しむことができる。

店内に併設した“スイーツ屋台”(くら寿司 原宿店)

店内に併設した“スイーツ屋台”(くら寿司 原宿店)

スイーツ屋台ではロボットがクレープ生地を焼き上げる

スイーツ屋台ではロボットがクレープ生地を焼き上げる

サクサク食感の揚げシャリを巻いた“寿司クレープ”は、グリーンリーフ・クリームチーズ・たまご・きゅうり・マヨネーズなどを巻いた「sushiクレープ イベリコ豚カルビ」と「sushiクレープ ツナサラダ」(各380円、以下税込)。
 
デザート系のクレープは、「メイプルシロップバター」「チョコレートナッツ」(各280円)、「いちごWクリーム」「マンゴーWクリーム」(各380円)。

くら寿司 原宿店の限定スイーツ

くら寿司 原宿店の限定スイーツ

なお「くら寿司 原宿店」の内装は、クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏が監修している。色鮮やかに点灯する提灯(ちょうちん)ウォールや、歌川広重の巨大浮世絵など、SNSや動画で発信したくなるような写真映えする要素を随所に散りばめている。店舗入り口には自撮り用スマホスタンドを設置しており、自由に撮影することができる。

「くら寿司 原宿店」内観

「くら寿司 原宿店」内観

〈「くら寿司 原宿店」概要〉
◆住所
〒150-0001東京都渋谷区神宮前4-31-10YMスクウェア原宿 4階
 
◆駐車場
専用駐車場なし(YMスクウェア原宿駐車場あり)
 
◆座席数
245席(ボックス41席、カウンター7席)
 
◆「くら寿司原宿店」特設サイト(Sushiクレープほか限定メニュー情報、映えるスポット紹介など)