モスフードサービスは3月29日、新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手が監修した「きんにくにくバーガー」(税込720円)を、一部を除く全国のモスバーガー店舗で発売する。販売日は“肉の日”にちなみ、3月29日、4月29日、5月29日限定。午前10時30分から販売する。

【関連記事】モスバーガー“朝モス”にフレンチトースト、「バターなんていらないかも、と思わず声に出したくなるほど濃厚な食パンで作った『フレンチトースト』」発売

発売に先立ち3月24日、メディア向け発表会を開催した。新日本プロレスとモスフードサービスは、ともに1972年生まれの創業50周年。オカダ・カズチカ選手は、「50周年同士で何かできないかと思っていたところ、僕からプロレスらしく『タッグを組ませてもらえませんか』と言って、このような形になりました」とコラボレーションの経緯を説明した。
モスバーガー「きんにくにくバーガー」

モスバーガー「きんにくにくバーガー」

「きんにくにくバーガー」は、“筋肉が喜ぶバーガー”がテーマ。たんぱく質と野菜が摂れるハンバーガーとして、チキンパティ・ソイパティ・チキンナゲットを、パンの代わりにレタスで挟んでいる。オカダ・カズチカ選手によると、たんぱく質が21.9g摂取できるという。
 
「チキンパティ」は、醤油や香辛料で味付けした国産鶏むね肉を、細かな衣でサクサク食感に仕上げたもの。「ソイパティ」は、大豆由来の植物性たんぱくがベースとなっている。「チキンナゲット」は、ほんのりスパイスを効かせた若鶏のむね肉。これらに千切りキャベツ、オーロラソース、ケチャップをあわせている。
 
オカダ・カズチカ選手は、「鶏むね肉や野菜でヘルシーなので、『ちょっと淡白な味で物足りないんじゃないの?』と思われるかもしれませんが、おいしい傑作が出来上がったので、ぜひいろいろな方に食べてもらいたい。ムキムキになってもらうのもいいですし、ダイエットに使ってもらうのもいいですし、女性の方だったら髪の毛とか爪もたんぱく質を摂ることできれいになると思うので、本当にいろいろな方に食べてもらえます」と話した。

「きんにくにくバーガー」を試食するオカダ・カズチカ選手

「きんにくにくバーガー」を試食するオカダ・カズチカ選手

モスフードサービスは、今回のコラボレーションにより、新日本プロレスファンへの訴求も狙う。来場者の4割が女性で、約半数が30代以下、ファミリー層も増えているという新日本プロレスのファン層は、モスバーガーが獲得したいターゲット層と合致しているという。オカダ・カズチカ選手を大きく配置した販促ツールを展開することで、話題性や相乗効果を期待する。