讃岐うどん専門店「丸亀製麺」は3月29日、テイクアウト(持ち帰り)専用「丸亀うどん弁当」シリーズの春限定メニュー「えびとまいたけ天のうどん弁当」(640円、以下税込・容器代込)、「鶏天おろしうどん弁当」(590円)、「キス天うどん弁当」(490円)を発売する。

【関連記事】丸亀製麺「焼きたて肉うどん」発売、“肉うどん”との違いは? 「焼きたて肉ぶっかけうどん」「焼きたて牛すき釜玉うどん」も登場

「丸亀うどん弁当」シリーズは、うどん1玉とおかずをセットにした弁当。各弁当のベースとなる「定番うどん弁当」(390円)は、おかずとして玉子焼き、きんぴらごぼう、ちくわ磯辺天、野菜バラ天を入れている。その他の定番商品は「えび天のうどん弁当」(490円)、「かしわとえび天のうどん弁当」(620円)を揃える。

今回、春限定メニューを加えた計6種類の弁当について、冷たい「ぶっかけうどん」と温かい「かけうどん」を選択できるようにする。これで、「丸亀うどん弁当」のラインアップは、2021年4月の発売以来“史上最多”の合計12種類となる。各商品は一部を除く全国の「丸亀製麺」で取り扱う(店舗により販売開始日が異なる場合がある)。

春限定メニュー「えびとまいたけ天のうどん弁当」は、ぷりぷりのえび天に雪国まいたけ天をのせた。
丸亀うどん弁当「えびとまいたけ天のうどん弁当」(丸亀製麺)

丸亀うどん弁当「えびとまいたけ天のうどん弁当」(丸亀製麺)

 
「鶏天おろしうどん弁当」は再登場で、柚子風味の鶏天に大根おろしでさっぱりとした味わい。

丸亀うどん弁当「鶏天おろしうどん弁当」(丸亀製麺)

丸亀うどん弁当「鶏天おろしうどん弁当」(丸亀製麺)

 
「キス天うどん弁当」はふわふわのキス天がのった新作弁当。

丸亀うどん弁当「キス天うどん弁当」(丸亀製麺)

丸亀うどん弁当「キス天うどん弁当」(丸亀製麺)

 
【関連記事】丸亀製麺「春のあさりうどん」「担々まぜ釜玉うどん」「明太しらすおろしぶっかけうどん」同時発売
 
丸亀製麺によると、弁当のうどんとして選べる“キリっと冷えた”「ぶっかけうどん」は、“天ぷらやおかずとの相性抜群”。醤油ベースで濃い目の味わいで、茹でたての麺を水でしっかりと締めることで、麺の表面に艶ができ、つるつるとしたのど越しと弾力のあるコシを味わえる。

丸亀うどん弁当で選べる冷たい「ぶっかけうどん」

丸亀うどん弁当で選べる冷たい「ぶっかけうどん」

 
“ほっと温まる”優しい「かけうどん」は、風味豊かですっきりとした味わい。打ち立て茹でたてのうどんと熱々のだしが分かれているので、お弁当でもお店と変わらない、もちっとした食感が楽しめるという。さくさくの天ぷらとおかずを、数時間おきに引く風味豊かな“かけだし”にたっぷりと浸すことで、旨みがだしに染み出し、打ち立ての麺に絡む。少し時間が経っても熱々で食べられるよう、電子レンジに対応している。

丸亀うどん弁当で選べる温かい「かけうどん」

丸亀うどん弁当で選べる温かい「かけうどん」

 
丸亀製麺は「丸亀うどん弁当」シリーズについて、食事の場所が気になる昨今、“打ち立てうどんを、どこでも、おいしくお召し上がりいただき、少しでも食事の時間に笑顔を増やせたら”という想いを込めて作っているとして、自宅での食事や仕事のランチ、“ちょっとしたお出かけ時のおともに”などと提案している。
 
◆丸亀製麺「丸亀うどん弁当」公式情報