原材料価格の高騰や輸送コスト上昇などを理由とする飲食店の値上げが続く中、すかいらーくレストランツが展開する「バーミヤン」では、定番人気メニューの値下げを断行する。

【関連記事】ローソン「からあげクン」値上げ決定、36年の歴史で初、原材料高騰・輸送コスト上昇などで“苦渋の決断”

4月21日のグランドメニュー刷新で、定番人気メニューを中心に全16品、“バーミヤン史上最大級”の値下げを行う。

バーミヤンラーメンは旧価格598円から新価格549円に49円の値下げ(以下、価格は全て税込)。「油淋鶏」は旧価格769円から新価格699円に70円の値下げ。

今回、最も値下げ額の大きいアルコール商品「バーミヤンハイボール」「黒ッキリボール」「レモンサワー」などは、旧価格384円から新価格250円に、134円の値下げで、改定率は約35%に達する。1杯250円のお手頃価格となれば、食事のついでなどにお酒を楽しむ需要の掘り起こしに大きな効果がありそうだ。

すかいらーくレストランツが事前に発表した値下げメニュー例は以下の通り。
 
【「バーミヤン」値下げメニュー例(税込価格、4月21日メニュー改定)】

◆バーミヤンラーメン 598円→549円(49円値下げ)
◆油淋鶏〈味変!!胡麻ソース付き〉769円→699円(70円値下げ)
◆ワンタン麺 799円→699円(100円値下げ)
◆担担麺 799円→699円(100円値下げ)
◆野菜たっぷりタンメン 749円→699円(50円値下げ)
◆中華丼 769円→699円(70円値下げ)
◆天津飯 659円→598円(61円値下げ)
◆バーミヤンハイボール/黒ッキリボール/レモンサワー 384円→250円(134円値下げ)
「バーミヤン」値下げ対象メニュー例

「バーミヤン」値下げ対象メニュー例

 
なお、バーミヤンでは今回のメニュー刷新で、“過去最高の全力リニューアル”と“お手頃メニュー&大満足ボリューム肉盛りメニュー拡充”も実施する。
 
“過去最高の全力リニューアル”では、「バーミヤンラーメン」「ホイコーロウ」「野菜炒め」の3商品について、“バーミヤンの味の番人“こと福島宣嘉シェフがこだわりをつめ込んだ“過去最高のおいしさ”にリニューアルする。
 
“お手頃メニュー&大満足ボリューム肉盛りメニュー拡充”では、「レタスチャーハン」(598円)が“待望の復活”を遂げるほか、豚肉生姜焼きを“どーん!”とのせた「豚肉生姜焼きチャーハン」(699円)などの新メニューが登場する。