松屋フーズが運営する牛めしチェーン「松屋」は5月24日午前10時、「プーパッポンカレー」を発売する。

【関連記事】松屋「洋風ガーリックポークステーキ丼」ポテサラ付きで“お得に”復活、肉2倍「ポークステーキ丼ダブル」も

「プーパッポンカレー」は、主にタイで食される、蟹や卵などを使用するカレー。「プー」がカニ、「パッ」が炒める、「ポン・カリー」がカレー粉を意味する。価格は並盛税込690円、大盛750円。「プーパッポンカレー生野菜セット」は税込790円、大盛850円。「プーパッポンソース」は税込570円。一部を除く全国の「松屋」店舗で取り扱う。販売店舗のうち70店舗では、5月24日午前10時から「シーフードカレー」をテスト発売した後、5月31日午前10時から「プーパッポンカレー」を販売する。

松屋フーズでは2021年2月に、同社が展開するカレー専門店「マイカリー食堂」で「プーパッポンカレー」を販売。その際、「全国販売して欲しい」「ご飯少なめにしたことを悔やむ」などの声があったという。今回はそれらの声を受け、松屋風の「プーパッポンカレー」として「松屋」での販売を決定した。

松屋の「プーパッポンカレー」は、日本のお米に合うようにアレンジ。ズワイガニとふわふわの卵を、ココナッツミルクと、干しエビが効いたタイの調味料“チリインオイル”で包んで仕上げている。ピリ辛のソースの中にほのかな甘みを感じられる“一口頬張ればタイ気分”なメニューだという。
松屋「プーパッポンカレー」提供イメージ

松屋「プーパッポンカレー」提供イメージ

松屋では今回の発売を記念し、5月31日までの期間、「プーパッポンカレー」を注文した人にライス大盛を無料サービスする。

松屋「プーパッポンカレー」「プーパッポンカレー生野菜セット」

松屋「プーパッポンカレー」「プーパッポンカレー生野菜セット」

◆松屋「プーパッポンカレー」特設ページ