ダイタングループが展開する立ち食いそばチェーン「名代 富士そば」は6月1日、価格改定を実施する。

【関連記事】ゆで太郎6月値上げ、もりそば・かけそば各20円、朝そば・朝セットは各30円もかき揚げ・そばをフルサイズに

公式発表によると、“基本的に”そば・うどん1玉あたり20円、ラーメン10円、天ぷら類・トッピング類は10円の値上げとなる。ただし一律ではなく、値上げをしないメニューもある。

これまで複数回の限定販売を実施してきた「500円セット」(麺1玉+ミニ丼)は、6月1日午前7時からの販売でも税込500円の従来価格を据え置き。ただし、富士そばでは「出来る限り、この企画は継続したいのですが、価格の維持をお約束することが出来ません。最後になるかもしれない500円セットをお楽しみくださいませ」としている。
“最後になるかもしれない”富士そばの「500円セット」(6月1日午前7時発売)

“最後になるかもしれない”富士そばの「500円セット」(6月1日午前7時発売)

 
なお、富士そばによると今回の値上げは、原油・食材の継続的な価格高騰の影響によるもの。富士そばは「何卒、ご理解をお願い申し上げます」などとしている。