ポッカクリエイトが展開する「カフェ・ド・クリエ」は6月15日、ミントの爽快感を3つのレベルから選べるフローズンドリンク「ソルベージュ チョコミント」を発売する。

【関連記事】ファミマ限定アイス「チョコミントクッキーサンド」発売、練り込みチョコ×縦入れチョコ、パリパリ&カリッと食感/ファミリーマート

全国の「カフェ・ド・クリエ」「カフェ・ド・クリエプラス」で取り扱う。価格は爽快感のレベルによって異なり、580円(以下税込)から。一部店舗で価格が異なる場合がある。ポッカクリエイトは6月8日、都内でメディア向け発表会を開催した。

カフェ・ド・クリエでは2014年から、チョコミントのドリンクを毎年展開しており、累計売上3億5千万円以上を販売してきた。
これまでに提供してきたチョコミントのドリンク/カフェ・ド・クリエ

これまでに提供してきたチョコミントのドリンク/カフェ・ド・クリエ

9年目となる今回の「ソルベージュ チョコミント」は、“マイミント”をテーマとし、カスタマイズ性の高さが特徴だ。ミントの爽快感を3つのレベルから選ぶことができ、追加料金で4種類のトッピングが楽しめる。
 
ミント爽快感「レベル1」(580円)は、優しいミント感で飲みやすく、チョコレートとミントの王道の組み合わせを楽しめる。「レベル2」(610円)は“チョコミント好きも納得”の程よい爽やかさ。「レベル3」(640円)は、ミントの突き抜ける爽快感を味わいたい人におすすめだという。

メディア向け発表会で提供された試飲品 左から「レベル1」「レベル2」「レベル3」/カフェ・ド・クリエ

メディア向け発表会で提供された試飲品 左から「レベル1」「レベル2」「レベル3」/カフェ・ド・クリエ

追加トッピングは、「ミントミルクアイス」(100円)、「チョコレートソース」(50円)、「バニラアイス」(80円)、「ホイップ」(70円)。
 
フローズンドリンク「ソルベージュ チョコミント」は、チョコチップが入った「ミントソルベージュ」に、店内仕込みで鮮やかな青色が特徴の「ミントベースシロップ」を加えることで、青色のマーブル模様を表現。トッピングでは、ミントミルクアイスにチョコレートソースをかけている。
 
ベースとなる「ミントソルベージュ」は、チョコチップやミントパウダー、北海道産牛乳、氷をあわせたもの。レベルに応じてミントパウダーの杯数を変えることで、3段階の爽快感を実現したという。
 
カスタマイズ性を高くしたのは、多様な“チョコミン党”のニーズに応えるためだという。一口にチョコミント好きと言っても、「ミントの爽快感が強い方がいい」「チョコレート多めがいい」など、好みには幅があるのだという。
 
これまで毎年チョコミントのドリンクを販売する中で、そういったさまざまな要望が寄せられてきたことから、今年はどのような“チョコミン党”のニーズにも対応できるよう、カスタマイズ性を高めたという。ポッカクリエイトの推奨レベルは、真ん中の「レベル2」。

レベル2「ソルベージュ チョコミント」にバニラアイス・追加チョコレートソース・ホイップをトッピングしたもの

レベル2「ソルベージュ チョコミント」にバニラアイス・追加チョコレートソース・ホイップをトッピングしたもの

〈開発に2年を要したミントミルクアイス/ソルベージュ チョコミント〉
ポッカクリエイトの担当者は、「“ミントミルクアイス”は、特にこだわっています」と話した。ミントミルクアイスは、2021年の商品「ソルベージュ ミントチョコ」から使用している同社が開発したアイス。あえてチョコチップを入れていないため、すっきりとした爽快感と鮮やかなミント色が特徴で、開発には2年を要している。昨年の登場以降、利用客からはアイス単体での商品化を望む声も寄せられているのだという。
 
開発担当者は「ソルベージュ チョコミント」のおすすめの飲み方について、「お好みでチョコミントアイスを先に食べたり、飲んでいる途中にかき混ぜたりして、シェイクのような飲み方も楽しめます」と話した。
 
なお、ポッカクリエイトは今回の「ソルベージュ チョコミント」から、チョコミント味フローズンドリンクの商品名を変更している。これまでは「ソルベージュ ミントチョコ」という名称だったが、SNSを通じてより多くの人に発信してもらいたいとの思いから、“チョコミントに改めたという。