スターバックス コーヒー ジャパンは6月22日、「ダブル 抹茶 ティー ラテ」と「ストロベリー & ユースベリー ティー」を発売する。

【関連記事】スタバのサマーシーズン2022「Theメロンofメロン フラペチーノ」青肉メロン果汁×赤肉メロン果肉ソースで「圧倒的メロン感」、“ミドリ”テーマのグッズやフードも

一部を除く全国のスターバックス店舗で取り扱う。販売期間は「ストロベリー & ユースベリー ティー」が8月2日まで、「ダブル 抹茶 ティー ラテ」は12月25日までの期間限定だが、なくなり次第終了する。

「ダブル 抹茶 ティー ラテ」は、定番メニューの人気ホットドリンク「抹茶 ティー ラテ」の2倍量の抹茶パウダーを使ったアイスドリンク。ミルクの上に“お抹茶”をイメージした抹茶のリキッドを注ぐ。緑と白のグラデーションで見た目も鮮やかに仕上げている。抹茶のリキッドは、濃厚な抹茶の風味やなめらかな質感を楽しめるという。価格は、持ち帰りShort 471円(以下税込)、Tall 510円、Grande 555円、Venti 599円。店内Short 480円、Tall 520円、Grande 565円、Venti 610円。

「ストロベリー & ユースベリー ティー」は、ティーにストロベリー果肉やアップルピューレを合わせたドリンク。スターバックスのティーブランド「TEAVANA(ティバーナ)」のホワイトティーをベースにした茶葉「ユースベリー ティー」を使用。フルーツの甘酸っぱさや果肉感、カリン果汁の香りを楽しむことができ、すっきりとした味わいだという。価格は、持ち帰りShort 462円、Tall 501円、Grande 545円、Venti 589円。店内Short 470円、Tall 510円、Grande 555円、Venti 600円。

なお、スターバックスでは創業当時からティーの量り売りを行っている。日本では、“抹茶”“ほうじ茶”など日本になじみの深い茶葉を使ったラテやフラペチーノを展開してきた。2020年には、ティービバレッジに特化した店舗「スターバックス ティー & カフェ」をオープン。都内での出店後、大阪、富山、福岡へと少しずつ店舗を増やしている。
「スターバックス ティー & カフェ」店舗イメージ

「スターバックス ティー & カフェ」店舗イメージ

今回の期間限定ティービバレッジ「ダブル 抹茶 ティー ラテ」「ストロベリー & ユースベリー ティー」は、スタバの新しいティー体験の場が全国に広がる中、通常のスターバックス店舗でも“夏の選択肢の一つ”として「彩りあふれ、気分もあがるような」ティーを用意したものだという。