スターバックスコーヒージャパンは8月3日、全国のスターバックス店舗で「沖縄 かりー ちんすこう バニラ キャラメル フラペチーノ」「石川いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ」「山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ」を発売する。

【同時発売】スタバ「マンゴーのムースケーキ」「クリームパイ ブルーベリー&ココア」発売/スターバックス2022年サマーシーズン第3弾“納涼SUMMER”

2021年6月から8月にかけ、“日本上陸25周年企画”の一環として展開した「47JIMOTO フラペチーノ」の中から3品のレシピを改良し、復活発売するもの。全てTallサイズのみ、イートイン(店内飲食)680円、テイクアウト(持ち帰り)668円。販売期間は全て8月31日まで、ただしなくなり次第終了。

25周年企画の「47JIMOTO フラペチーノ」では47都道府県ごとに地元のパートナー(従業員)が地元の利用客への想いをこめて考案した47種類の“地元限定フラペチーノ”を展開。「他県の商品も飲んでみたかった」という声も多かったという。

今回は2022年サマーシーズン第3弾ドリンクのテーマに「地域とのつながり」を掲げ、山梨県・石川県・沖縄県の『JIMOTOフラペチーノ』を全国で販売する。

「沖縄 かりー ちんすこう バニラ キャラメル フラペチーノ」は、伝統を守りながら時代に合わせて進化し、現代へと受け継がれている沖縄の伝統菓子「ちんすこう」をアイデアに考案された。バニラ風味とミルクの優しい味わいのベースに、ざくざく食感がアクセントの香ばしい「ちんすこう」を加え、キャラメルソースを合わせている。仕上げにはホイップクリームと、さらに「ちんすこう」をトッピング。ざくざくと砕かれた「ちんすこう」とバニラ風味、キャラメルソースが絡み合い、やさしい風味と歯触りが楽しい、デザート感のある一杯。なお、商品名の「かりー(嘉例)」は沖縄方言で幸運や縁起が良いことを意味し、乾杯の掛け声にも使われる。
スターバックス「沖縄 かりー ちんすこう バニラ キャラメル フラペチーノ」

スターバックス「沖縄 かりー ちんすこう バニラ キャラメル フラペチーノ」

 
「石川 いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ」は、長い歴史の中で、地域の日常として親しまれている“加賀棒ほうじ茶”に着目して考案。加賀棒ほうじ茶のはじまりは、元々は捨てる部分であった茎を焙じたことと言われている。フラペチーノに使用しているほうじ茶のうち、加賀棒ほうじ茶の割合は85%以上。ベースの部分は、ミルクと加賀棒ほうじ茶を合わせてブレンドし、ホイップクリームの上からも加賀棒ほうじ茶パウダーをトッピング。ミルキーな味わいとともに加賀棒ほうじ茶のやわらかな香ばしさと豊かな香りを存分に楽しめるという。石川方言の「いいじ」は「いいじゃない」「よかったね」といった意味合い。

スターバックス「石川 いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ」

スターバックス「石川 いいじ 棒ほうじ茶 フラペチーノ」

 
「山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ」は、魅力あふれる“ハートフルな山梨”をアイデアとして考案。ホワイトチョコレート風味の優しい甘みのベースに、ジューシーな味わいの山梨県産ぶどうソースをマーブル状にスワール(うずまきを作ること)。仕上げに、ぶどうソースとホワイトチョコレート風味のシロップを合わせたソースをホイップクリームの上にトッピングした。カップ全体で山梨県産の芳醇なぶどうの甘みとホワイトチョコレートの風味が重なり、思わず、「ててっ?」(山梨方言で「やっぱいいじゃん」)と言いたくなるような味わいを楽しめるという。ぶどう果汁5.0%未満、カカオ分0.5%未満。使用しているぶどうの原材料のうち、山梨県産のぶどうの比率は51%以上。

スターバックス「山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ」

スターバックス「山梨 ててっ!! ぶどう ホワイト チョコレート クリーム フラペチーノ」

 
スターバックスコーヒージャパンは、2022年は「あなたの地元で、3つの『JIMOTOフラペチーノ』を飲み比べていただき、JIMOTO巡りをしてみてはいかがですか」などと呼び掛けている。