合食は15日、東京都港区のヒルトン東京お台場で総合展示商談会「合食会」(会長:中央魚類大滝義彦社長)を開いた。“食と健康”をキーワードにして、健康的な間食の提案商品や減塩商品を今春、積極投入する。またフローズンチルドでは個食の混ぜご飯の素を新提案している。今年は東京開催のみとなったが、当日は食品メーカー、外食、中食、小売業、食品卸などから1,100人の来場者を集めた。

--全文は本紙にてお読みいただけます。