本紙が集計した今春の家庭用冷凍食品新商品(リニューアル品を除く)は17社から146品発売された。前年春・秋に引き続き3季連続で150を割り込んだ。13年から増加傾向にあったリニューアル品の発売数も主要10社合計103品と12年秋以来の低い水準だった。 --続きは本紙でお読みいただけます。