ニチレイフーズ、日清製粉グループ、サッポロホールディングス、森永製菓、森永乳業、ロッテの食品メーカー6社は1日、都内会議場で、第2回目となる企業価値の向上、経営資源の活用、生産性の向上等を目的とした女性活躍推進セミナー「LADY,GO UP!」を開催し、各企業から参加した女性社員48人をはじめ、関係者ら計100人近くが集まった。第1回目となる昨年は5社で開催していたが、今回から、サッポロホールディングスも加わり、6社での開催となった。

2回目の開催となる今回は、10時過ぎから18時前までという長時間、熱のこもった議論が行われた。基調講演はユニリーバ・ジャパン・ホールディングス取締役人事総務本部長の島田由香氏が務め、“キャリアを作るのは自分自身であることに気づく"ことをテーマに開催。島田氏は国内ベンチャー(人材派遣)のパソナ、米国系大手のGE(ゼネラル・エレクトリック)、欧州系大手で現在在籍するユニリーバと、人事畑での体験を踏まえ、現在確信していることとして▽パッションこそすべて▽自分を知ることから始まる▽真のリーダーは○○を持っている▽好きなこと・得意なことを伸ばす▽可能性を信じる▽チームの力・大切さ▽Being の重要性・BeYourself のパワフルさ▽運命の法則はすごい――といったテーマを掲げ、女性だけではなく、キャリアについて考える人たちへのヒントを講演した。

また、その後のパネルディスカッションでは、メーカー各社の代表が登壇し、自分にとって有益な女性が活躍するためのヒントについて話し合われた。今回のイベントは、セミナー参加後に分科会など開催できるよう、組織横断型のネットワーク作りも意図されているという。

〈冷食日報 2018年2月5日付より〉