日本唐揚協会(会長兼理事長:やすひさ てっぺい)は10月を「から揚げ強化月間」として、全国の唐揚げ専門店や協会認定の“カラアゲニスト”、賛同企業とともに、唐揚げの普及、消費拡大に向けた取り組みを行う。ニチレイフーズがゴールドパートナーとして支援する。から揚げ強化月間は10月が行楽や運動会のお弁当などで唐揚げが食べられる機会が多い月であること、「10」の語呂合わせ“じゅわっと、ジューシー”、干支の10番目が酉であること――から10月に決めた。

強化月間には専門店、外食、惣菜売場で、協会公認の共通ロゴを展開して販促活動を強化する。カラアゲニスト(協会の唐揚げ検定試験に合格し、普段から唐揚げの魅力を発信している会員。なお会員数は18年4月現在約10万人)にはSNSを通じて強化月間を盛り上げてもらう考え。賛同企業にはサントリー酒類、日清フーズ、J-オイルミルズ、明治、伊藤ハム、エイベックス・エンタテイメント――など多種多様な企業が名を連ねた。

〈冷食日報 2018年9月13日付より〉