エア・ウォーターは5月13日付で、デリカフーズホールディングス(東京都足立区、大﨑善保社長)と業務提携に関する覚書を締結した。両社は今後、農産物に係る双方の集荷・加工・販売・物流機能を活用した合理的・効率的な事業運営の仕組みを構築し、競争力を高める。

国内の野菜市場は健康志向の高まりや少子・高齢化、人手不足等を背景に、業務用を中心にカット野菜の需要が拡大する一方で、生産農家の減少や異常気象の頻発により、原料野菜の調達先確保がより重要になっている。

エア・ウォーターは農業・食品関連事業として、農産・食品加工、飲料などの事業領域で、農産物の栽培、調達から食品の開発・製造・加工・販売に至るまで一貫した事業を展開している。国内では北海道を中心に全国で農産事業を展開し、青果物の卸売、冷凍加工事業において、高いシェアを有している。一方で同社では原料野菜の調達力をより高め、国内外で野菜の産地開発を進めるとともに、今後成長が見込める中食市場に向けて、高品質で加工度の高い野菜の安定供給を目指している。

デリカフーズHDは、国内17,000店の飲食店の顧客を有し、業務用野菜に関する仕入れ販売やチルドのカット野菜の製造・販売事業を展開するデリカフーズを中心に、物流事業や研究開発・分析・コンサルティング事業を行うグループ企業を擁する。同社グループは卸売事業者として国内外の契約産地から安定した調達力と、チルド配送網を全国に構築していることを強みとしている。一方でホール野菜、カット野菜、加熱野菜に加え、冷凍野菜および輸入加工野菜が更なる成長戦略の大きな柱になると位置付けている。

両社では提携関係を通じて原料調達の機能を強化するとともに、加工、販売における両社の経営資源を活かして、野菜ビジネスの拡大を進める考えだ。

具体的な提携内容として、
〈1〉国内外における両社の契約農家と調達ルートを活用した原料調達の協業
〈2〉両社の物流ネットワークと拠点・施設を活用したインフラ事業の協業
〈3〉カット野菜・加熱野菜・冷凍野菜の相互販売による外食・中食産業への販売拡大
〈4〉青果物の価値創造、加工・鮮度保持技術等に係る共同研究・共同開発
――を挙げている。

〈冷食日報 2019年5月14日付〉