2018年の惣菜市場規模は前年比2.0%増の10兆2,518億円と、9年連続でプラスとなった。日本惣菜協会が5月14日に発刊した『2019年版惣菜白書』で明らかにした。

業態別では、「コンビニエンスストア(CVS)」が2.4%増3兆3,074億1,600万円、「専門店、他」が1.2%増2兆9,542億4,600万円、「食料品スーパー(SM)」が2.4%増2兆6,824億1,400万円で、この3業態合計で87.3%を占める。また、「総合スーパー(GMS)」が2.9%増9,481億3,700万円、「百貨店」が1.3%減3,596億3,100万円となり、「百貨店」以外ではすべて前年を上回った。

業態別構成比は「CVS」が0.2ポイント(P)増32.3%、「SM」が0.1P増26.2%と若干シェアが拡大した一方、「専門店、他」は0.2P減28.8%、「百貨店」は0.1P減3.5%とシェアが低下。「GMS」は前年と同じ9.2%だった。

〈冷食日報 2019年5月17日付〉