日本水産は10月31日から、家庭用冷凍食品「今日のおかず レンジでつくる 中華キット」のTV-CMを首都圏で放映する。TV-CMで商品特徴を強調してさらなる商品の認知獲得を図り、また食卓での使用シーンの訴求を通じて、冷凍食品の食卓利用の頻度増加を狙うとしている。

放映するTV-CMは「別々なのに全部入り」篇。野菜や肉などの具やソースが全部入っており、電子レンジで温めるだけの手軽さで野菜のシャキシャキ感も味わえる同品の特徴を訴求。内容は、先に帰宅していた妻が、後から帰宅した夫に、同シリーズ「青椒肉絲(チンジャオロース)」の中身が野菜とソースの2つのトレーに分かれている様子を見せながら、「全部入りで別々」「別々で全部入り」と語りかけ、具を追加することなく電子レンジで調理するだけで食べられる同品を、夫婦揃って味わう様子で締めくくるというもの。

同シリーズは2019年3月に発売、家庭用冷凍食品売場の食卓向け惣菜カテゴリに向けたキット商品として売場を構築しており、今後も定着に向けて注力するという。

なお、日本水産では、「今日のおかず」シリーズ各品を対象に、クーラーボックスやクオカードなどプレゼントする「食卓にもう1品」プレゼントキャンペーンを実施している。

〈関連記事〉ニッスイ「今日のおかず」クーラーボックスやクオカードなどプレゼントキャンペーン開催/日本水産

〈冷食日報2020年10月30日付〉