テーブルマークは「ごっつ旨いお好み焼」シリーズ4品の内装フィルム(ポリエチレン)を廃止する。2021年9月出荷分から順次切り替える。これによりプラスチック原料の使用量を年間約34トン、CO2排出量を約160トン削減できる見込みだ。

〈関連記事〉テーブルマーク「ごっつ旨い」シリーズ、出発点は夕食の家族メニューを1人でも食べられるという価値提案〈ブランドの創りかた〉

内装フィルムは商品を包む形で使用されていた。利用者はレンジ調理の際にフィルムをはがして加熱する必要があった。このひと手間がなくなり、客にとっても利便性が向上する。 

テーブルマークではこれまでも、包装材が環境に与える影響を軽減するため、商品パッケージに使用する一部インキの再生可能な植物由来原料を用いた「バイオマスインキ」への切り替え、プラスチック原料の使用量を削減したパックごはん用コンパクトトレーの開発など、環境に配慮した包装材への変更やその使用量の削減に取り組んできた。

今回プラスチック原料の削減を実施した「ごっつ旨いお好み焼」シリーズは、1999年の発売以降、冷凍お好み焼市場をけん引し、現在も冷凍お好み焼カテゴリーで売り上げ No.1の基幹商品であり、相応のプラ原料削減につながる。

対象商品は「ごっつ旨い お好み焼」「ごっつ旨い お好み焼ぶた玉」「ごっつ旨い 豚モダン」「ごっつ旨い ねぎ焼」の4品。 

〈冷食日報2021年7月13日付〉