日本水産は7月15日、2021年秋・冬新商品を発表した。冷凍食品売場向けには牛めしの松屋が監修したおにぎり、季節のおこわといった米飯類の拡充、生活様式の変化に対応して、家飲み向けにボリューム感のあるやきとり串を、テレワーク時の昼食向けに水が要らないフォー入りスープを提案する。フライパンで簡単に調理できる「SmartSeaCook」シリーズにも新商品を2品投入する。

冷凍食品売場向け商品では2021年秋・冬に、新商品15品、リニューアル品13品を、一部を除き9月1日に全国発売する。

〈関連記事〉日本水産、食べきりサイズのスナック「おうちTIME」や「大粒シーフードミックス」など8品発売、“おうち時間”増加に対応/2021夏の家庭用冷食新商品

米飯・麺類では新商品を3品発売する。「おにぎりを、もっと家族の食卓へ。」をテーマに冷食売場の品ぞろえ充実に取り組んでいる「おにぎり」では外食チェーン店監修の具入りおにぎりを提案する。

△「松屋監修 牛めしおにぎり」(6個300g)
松屋の定番「牛めし」の味を再現した1個50gの食べやすい大きさのおにぎり。牛肉と国産タマネギは「特製牛肉だししょうゆだれ」で煮込み、旨みとコクのある味付けに仕上げた。8月1日発売。

季節の味覚を楽しめるおこわを2品新発売する。

△「3種のきのこ 五目おこわ」(400g)
平茸・舞茸・椎茸の3種のきのこと鶏肉・たけのこ・にんじん・油揚げの具が入った五目おこわ。

△「栗おこわ」(340g)
風味の強い栗と北海道産の小豆を使用した栗おこわ。いずれも北海道産真昆布のだし・小豆の煮汁で国産のもち米を釜炊きしており、もっちりしたもち米の食感とだしの風味を味わえる。栃木の協力工場で生産。

食卓向け惣菜類として新商品を7品発売。「今日のおかず」シリーズに家飲みに向けて、ボリューム感のあるやきとりを発売する。

△「今日のおかず 大串やきとり もも」(3本165g)
特製醤油だれが香ばしい、1本55gの食べごたえのあるやきとり串。
日本水産「今日のおかず 大串やきとり もも」

日本水産「今日のおかず 大串やきとり もも」

 
△「今日のおかず 大串鶏つくね なんこつ入り」(3本165g)
細かく砕いたヤゲンなんこつ入り。ともにタイ協力工場で生産。
 
「今日のおかず」では「さばの味噌煮」(4個144g)も新発売する。テレワーク時の昼食に向けて、個食タイプの「デリシャスKitchen」に電子レンジで温めるだけで出来上がるフォー入りスープを新発売する。
 
△「デリシャスKitchen カップフォー トムヤム」「デリシャスKitchen カップフォー鶏だし」(各1人前300g)
「デリシャスKitchen カップフォー トムヤム」はレモングラスのさわやかな香りと唐辛子の辛みがきいた本格トムヤムスープ。紙カップ入りで水を加えないストレートタイプ。

日本水産「デリシャスKitchen カップフォートムヤム」

日本水産「デリシャスKitchen カップフォー トムヤム」

 
独自の大豆ミートを使用した新シリーズ「VEGETABLEMEAT」の第1弾として「デミグラスハンバーグ」を新発売する。
 
△「デミグラスハンバーグ」(4個156g)
大豆ミートで作ったハンバーグに、野菜の旨みを活かし、赤ワインを使用したコクのあるデミグラスソースをかけた。
 
農産品は新商品を1品発売する。
 
△「ブルーベリー大容量330g」
皮が薄く、甘みが強い大粒タイプのブルーベリーを使用。
 
〈「SmartSeaCook」「ニコパク」にも投入〉
フライパンで簡単に調理できる水産冷凍食品を次の2品提案する。首都圏・名古屋・大阪のエリア限定発売となる。
 
△「SmartSeaCook 骨取り秋鮭と彩り野菜のクリーム煮」(240g)
解凍後に牛乳と合わせてフライパンで加熱するだけで完成するクリーム煮。秋鮭、赤ピーマン、ほうれん草、ジャガイモ入り。秋鮭はニッスイ独自のふっくら漬け込み技術でふっくらやわらかい食感に仕上げている。
 
△「SmartSeaCook 殻付きえびと彩り野菜のアヒージョ」(240g)
解凍後にオリーブオイルで炒めるだけで完成するアヒージョ。殻ごと食べられるエビ、ブロッコリー、ジャガイモ、赤ピーマン、マッシュルーム入り。
 
1歳6カ月〜3歳ころの幼児が食事に集中できる工夫を盛り込んだ「ニコパク」から新商品2品を発売。
 
△「ニコパク 宝をさがそう!マカロニグラタン」「ニコパク 宝をさがそう!ナポリタンスパゲティ」(各2個280g)
紙トレー入りで星形のかまぼこが入っている。宝探しのように星を探しながら楽しく食べられる仕掛けだ。首都圏限定発売。
 
〈冷食日報2021年7月16日付〉