日本水産は、世界の食料問題解決に取り組む特定非営利活動法人TABLE FOR TWOInternational(東京都港区、TFT)が10月5日から11月5日までの期間で実施する「おにぎりアクション2021」に賛同し、初協賛する。

〈関連記事〉「おにぎりアクション2021」実施、おにぎりの写真で世界の子どもに給食を

これに合わせて「やき おにおと一緒に おにぎりアクション」プレゼントキャンペーンを実施するとともに、特設WEB サイトを通じて「おにぎりアクション2021」について情報発信をする。また期間中、おにぎりアクションロゴ入りの「大きな大きな焼きおにぎり」を販売し、店頭での情報発信にも繋げる。

同社では今回、家庭用冷凍食品の主要商品「大きな大きな焼きおにぎり」をはじめとする「おにぎり」各品を通じて、「おにぎりアクション」の取り組みに協賛。

これを通じてTFTとともに国連が推進するSDGs の5つのゴール(〈1〉貧困をなくそう〈2〉飢餓をゼロに〈4〉質の高い教育をみんなに〈10〉人と国の不平等をなくそう〈17〉パートナーシップで目標を達成しよう)達成に貢献するとしている。

具体的な取り組みとして、「おにぎりアクション」に連動し、ツイッターおよびインスタグラムで、100人にオリジナルデザインの「象印マホービン ステンレスマグ」(360ml)をプレゼントする「やき おにおと一緒に おにぎりアクション」プレゼントキャンペーンを実施する。同キャンペーンに応募することが「おにぎりアクション」への参加にもなり、写真1枚の投稿につきアジア・アフリカの子どもたちへ5食分の給食が寄付される。応募にあたり、同社商品を購入する必要がないオープンキャンペーンとなっている。

また、同社ホームページ内に専用サイトを設置する。同サイトでは「やき おにお」が「おにぎりアクション」の活動内容を動画で解説、おにぎりにまつわる写真撮影や、投稿を楽しめるオリジナルフォトフレームを公開する。

さらに同社では、「おにぎりアクション」に関連した社内企画も実施し、その様子をSNS などを通じて発信するなどの取り組みも行う。

◆ニッスイ「おにぎりアクション2021」特設サイト