NPO法人TABLE FORTWO International(以下、TFT)は10月5日から11月5日まで、「おにぎりアクション2021」を実施中だ。国連が定めた10月16日の「世界食料デー」に合わせ、2015年から開催しているもので、今年で7回目。

おにぎりの写真にハッシュタグ「#OnigiriAction」を付けて、SNS(Facebook、Instagram、Twitter)または特設サイトに投稿すると、1枚の投稿につき5食分の給食に相当する寄付(100円)を協賛企業が提供、アジアやアフリカの子どもたちに給食をプレゼントする取組だ。これまでに約100万枚の写真が投稿され、TFTは540万食の給食を届けている。

今年のテーマは「その先にある“人々の暮らし”」で、目標給食提供数は前年の1.3倍となる120万食、およそ6,000人の子どもたちの1年分の給食にあたる。協賛企業は30社となり、本紙関連では日本水産(株)、(株)はくばく、ふくいブランド米推進協議会等が参加する。

5日には開始に際して、オンライン記者発表会を開催。協賛企業や参加者が全国からオンラインでおにぎりアクションへの思いを語った。また、協賛企業が各社の取組について紹介。(株)日本水産は期間中、看板商品である「大きな大きな焼きおにぎり」のパッケージを、おにぎりアクション仕様にする。

また、投稿者のなかから抽選で同社キャラクターの「やき おにお」がプリントされたステンレスマグをプレゼントするキャンペーンも開催する。オイシックス・ラ・大地(株)は「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」で、TFTへの寄付付き米(山形庄内産ひとめぼれ)などを販売する。

◆「おにぎりアクション2021」特設サイト

〈米麦日報2021年10月6日付〉