2016年1~12月累計のビール5社のビール類課税出荷数量は、合計で前年比97.6%の4億1,476万c/s(大瓶20本換算)となった。5社ともマイナスで、市場は12年連続のマイナス。2003年の新ジャンル登場以来、3ジャンルともマイナスは初めて。

夏場の天候不順、飲食業の低迷、若年層のビール離れ、RTDへの流出などが影響した。1~6月は98.5%だったが、97.6%まで後退した。

ビールは98.0%。15年1~12月は、19年ぶりのプラスに転じていたが、またマイナスに戻った。しかし、缶容器だけみれば100.3%で、2年連続プラス。業務用市場計は樽生が振るわず96.8%、家庭用市場計は瓶ビールの減退で99.2%だった。発泡酒は、3年ぶり減。14年、15年と機能系商品が牽引してプラスだったが、新商品が少なくマイナスに転じた。新ジャンルは3年連続減。ただし、新ジャンルのうち、リキュール規格は100.8%で2年連続プラス。

構成比は、前年比で、ビールが0.2ポイント(P)増、発泡酒が0.7P減、新ジャンルが0.4P増。