Drink Planetは今年も18~27日までの一週間、カクテルとバーを楽しむイベント「TOKYO COCKTAIL 7DAYS」を開催している。今年で2回目。期間中、「パスポート」(3,800円、当日4,500円)を持参すると、東京のトップバー66店舗で同イベント限定オリジナルカクテルを1杯1,000円(税・サ別)で楽しむことができる。パスポートは約1200冊を販売した。

18~20日はメイン会場「ヴィレッジ」(原宿・エコファームCafé632)に、ラム「バカルディ8」、ジン「ビーフィーター」「ヘンドリックス」、リキュール「カンパリ」、ウイスキー「グレンモーレンジィ」コニャック「ヘネシー」、ウォッカ「グレイグース」、スピリッツ「TUMUGI」の8ブランドが出展し、カクテルの提供やセミナーを実施。ハーブや野菜などを選んでオリジナルカクテルを創る「カクテルマルシェ」コーナー(一杯500円)や、カクテルアイスなども提案。「客層も広がり、多くの女性にも参加いただけた。プロのバーテンダーが作るカクテルのおいしさを発見してもらえたと思う」(主催者)。以下、ヴィレッジでのセミナーと、同イベントのスピンオフ企画を一部紹介する。

【カンパリ】ナショナルブランドアンバサダーのダニエレ・ピロッタ氏が「カンパリアカデミー」を実施。ハッピーアワーとは異なるイタリアの習慣「アペリティーボ」について説明したのち、ブランドヒストリーを紐解き、「ネグローニ」と「シェキラート」2つのカクテルを実演・紹介した。
ナショナルブランドアンバサダーのダニエレ・ピロッタ氏による「カンパリアカデミー」

ナショナルブランドアンバサダーのダニエレ・ピロッタ氏による「カンパリアカデミー」

【ボルス】カクテルワークショップを実施。好みの「ボルス」とフルーツジュースなどの割材、スライスフルーツやハーブなどを用意し、オリジナルカクテルを創る試み。トッピング用に用意された綿菓子がフォトジェニックと人気。

【バカルディ】エイジドラムでありながらミキサブルな「バカルディ8」でオリジナルフルーツモヒートを創るワークショップを実施。ミクソロジスト一守邦彦氏によるレクチャーが好評。トロピカルフルーツからパクチーまで、さまざまなフルーツとハーブを取りそろえ、見た目にも鮮やかなカクテルはインスタ映えもばっちり。会場のあちこちで目を引いた。

「バカルディ8」でオリジナルフルーツモヒートを創るワークショップ

「バカルディ8」でオリジナルフルーツモヒートを創るワークショップ

【グレイグース】バリスタとバーテンダーを繋ぐコーヒーカクテルが人気で、ヴィレッジでも常に行列が絶えなかった。2016年ワールドブリュワーズカップで世界チャンピオンになったバリスタの粕谷哲氏とバーテンダー植松大記氏によるコラボレーションカクテルは全3種類。

〈酒類飲料日報 2018年5月23日付より〉

【関連記事】
・「東京インターナショナル バーショー」に12,300人が来場
・インフュージョンカクテル導入、ワインはすべてビオ/OBICÀ MOZZARELLA BAR