ビール世界5位の大手、モルソン・クアーズの日本支社、モルソン・クアーズ・ジャパンは、タイのビール最大手、ブンロード・ブルワリーから、世界的ビールブランド「シンハービール」の国内販売権を獲得した。オープン価格、 2019年3月上旬から、全国の量販店や酒販店、飲食店などで販売する。「シンハービール」単体の5年後(2023年)の年間販売目標数を、現在の2倍にあたる28万ケース(330ml換算24本入り)まで引き上げる考え。日本での海外ビールのシェア、トップ5入りを狙う。

「シンハービール」は、55カ国で販売される世界的ビールブランド。今回販売するのは、330mlの瓶と缶、そして業務用の樽生(15L、30L)。これまで国内販売されてきたタイ料理店に加えて、ブランドイメージと親和性の高いアジアとエスニック系のレストランを中心に、販路拡大を目指す。

モルソン・クアーズ・ジャパンは現在、プレミアムビールのポートフォリオを強化している。2018年5月からはグローバルブランド「ミラージェニュインドラフト」の国内販売を開始。クラフトビールでは、販売数量で全米1位のクラフトビール「ブルームーン」も擁している。今回の「シンハービール」はエスニック系飲食店へアプローチできるビールで、販路拡大における相乗効果があると判断し、取り扱いを決定した。今後は異なる3タイプのプレミアムビールで、ビール市場に攻勢をかける。

ブンロード・ブルワリー社が「シンハービール」の販売でモルソン・クアーズのグループ会社と組むのは、イギリス(2009年~)に次ぎ2カ国目。

〈酒類飲料日報 2018年12月11日付より〉